妊娠後(産後)の頭痛

産後の頭痛と普通の頭痛には違いがある

妊娠後(産後)の頭痛に悩まされた経験をお持ちの女性はきっといるかと思います。実は、産後に頭痛を生じることは良くある話でもあります。

産後に起きる頭痛は、通常の頭痛のメカニズムとは違い、市販薬を飲んでも期待していた効果が得られないことの方が多いのです。

産後に頭痛が頻繁に起きるようになると、育児にも悪影響を生じ、赤ちゃんにも不安感を生じさせてしまいます。産後の頭痛を改善・予防するためには、正しい知識を知ることから始まります。

産後の頭痛の原因は骨盤のずれにある

ご存知の女性も多いかと思いますが、出産は身体にダメージを与えることになり、骨盤もずれてしまうことが多いです。

出産でずれた骨盤は日が経つにつれ、徐々に元の位置に戻っていくのですが、完全に元の位置まで戻らないことが多いのです。骨盤がずれると、さらに他の身体の部位にも歪みが生じるようになります。

身体の部位の歪みは血管や自律神経を圧迫し、身体全身をめぐる血流が悪くなるため、頭痛が生じやすくなります。さらにこの状態が長く続くとストレスがたまり、精神的にも不安定になります。

このように、産後の頭痛を改善するにおいては、市販の薬では期待するほどの効果は得られない場合があります。
東洋医学の鍼灸施術で悪くなった体質を改善し、痛みを取る施術をしてもらうことをおススメします。

産後の頭痛を改善するためには、もちろん、血行を促進するストレッチや軽い運動も効果的ですが、頭痛の根本原因となっている骨盤のずれを優先的に治していく必要があります。

有効な手段には、骨盤矯正、または、ご自分でできる骨盤体操のようなものまであります。その他、出産は、身体や自律神経にもダメージを与えるため、免疫機能が低下し、病気(頭痛)になりやすい体質に変化しております。

そこで、鍼灸施術により自律神経の働きを正常にすることで、免疫機能が高まり、頭痛などの病気にならない予防法も効果があります。忙しい中でも、リラックスする時間を工夫してつくる努力も必要と思われます。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事