肩こり

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 頭をのせているのが辛いぐらい肩が痛い
  • 肩がつねにだるく、重い。
  • 肩に加え、首、腰、頭にまで痛みがある。
  • めまいや吐き気がする。
  • 肩を回すと、ゴキゴキと音がする。
  • こまめにストレッチなどをするが間に合わない。

足立区 M.M様 29歳

仕事柄、肩こりとむくみもあり、新陳代謝も悪かったので通いました。
施術後は肩がすごく楽になり、腰の張りもとれます。
全体的に体が楽になりました。
頭痛持ちでもあったのですが、頭痛がくる回数も減りました。
鍼灸おすすめですのでぜひ試してみて下さい。心配せずチャレンジしてみて欲しいと思います。

 

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足立区 N.H様 35歳

首・肩・背中がこりすぎて眠れないほどだったので、鍼灸施術を受けてみました。
鍼灸は局部的に施術するものと思っていたので、つま先から指の先まで全身に施すことに驚きました。
施術後は慢性的な肩こりが緩和されました。
代謝も良くなって肌荒れも激減しました。
鍼というと痛そうなイメージがありますが、ほとんど痛みはありません。
変化もすぐに実感できますのでオススメです。

 

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足立区 S.W様 55歳

肩から右肩甲骨右腕にかけ重苦しい感じで何をしていてもつらかったです…。
接骨院に通院していましたが、痛みがつらく痛みから解放されたくて、初めて鍼灸施術を受けてみました。
施術後は痛みがほとんどなくなりました。
前回の痛みがいつ頃だったのか思い出せない位です。
毎日楽しく生活しています。
痛み、つらさから解放される一歩です。
ぜひ、踏み出してみてください。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ご予約・お問い合わせはこちら 24時間受付_WEB予約はこちら

24時間受付_WEB予約はこちら

鍼灸施術で肩こりは改善できます

肩こりの症状は、肩がだるい、重い、という症状から始まり、首や頭の痛みも引き起こします。
ひどいときは腰にまでしびれるような痛みが起きます。
肩こりが生じると、不快な気持ちになり、集中力がなくなってしまいます。

肩こりには、自覚症状が出ない場合があります。
人から肩を揉まれて「少し痛い」と感じ、初めて肩こりと気づく方もいます。
特に40才を超えると肩こりが慢性化し、常に肩が重いという状態がつづくことが多いです。

当院では、多くのお客様から肩こり改善の嬉しいお声をいただいております。
一人で悩み、結果的に症状が進行してしまう前に、一度当院の鍼灸を受けてみてください。

そもそも、なぜ肩こりが起こってしまうのか?

それは、自律神経の乱れ、血流障害、気の停滞にあります。

肩こりは、大体が筋肉の緊張と血行不良により生じている症状です。
その緊張と血行不良は、ストレスが引き起こすものです。
症状に悩まれ当ホームページをご覧いただいているあなたは、これまで日常生活で様々なストレスを感じていたのではないでしょうか。
そのストレスがきっかけで、身体は上記3つのような反応を起こします。
これらの反応が相互作用を起こすことで、血行不良や緊張が起こり、肩こりを併発させやすくなるのです。

自律神経の乱れ

自律神経とは
『活動』や『緊張』をつかさどる交感神経と、『休息』や『回復』をつかさどる副交感神経という2つの神経から成り立つ器官です。

これら正反対の働きをする2つがバランス良く働き、血流や内臓の機能などを調節することで、健康を維持できる仕組みになっています。

自律神経の乱れはなぜ起こるのか?

ストレスを感じることで、『緊張』をつかさどる交感神経が優位な状態になり、自律神経のバランスが崩れます。
そのストレスを引き起こす要因としては、以下のようなことが考えられます。
あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか?

自律神経が乱れるとどうなる?

『休息』『回復』の副交感神経が十分に機能できない状態になります。
それにより身体のダメージ修復が上手くいかなかったり、疲れやすくなるといった症状がでます。

血流障害なぜ起こるのか?

筋肉が硬くなり血管を圧迫し、血液の流れる量が少なくなるため起こります。

血流障害が起こるとどうなる?

その部位での痛みや、そこからのしびれにつながります。
また疲労も取れにくくなり、身体も重く動きにくくなります。
それらの影響で、イライラ・倦怠感・交感神経優位などの症状が現れます。

“気”とは
心の動き・状態・働きを総合して捉えたもののことをいいます。
中国思想や道教や中医学(漢方医学)などでは、目に見えることはなくても流動的で運動し、身体にも作用をおこすといわれています。

なぜ気が停滞するのか?

頭寒足熱について

『頭寒足熱』と言い、頭は涼しく足元は温かく、これにより全身に気が行き渡っているのが理想の状態です。
しかし自律神経の乱れや血流障害などによりこれらが逆になると、全身に循環していたはずの気が停滞してしまいます。

なぜ気が停滞するのか?

身体のパワーを100%出し切れなくなります。
それにより思考回路が停滞してしまい良い仕事ができなかったり、血流障害の原因になります。

では、どうすれば肩こりは改善できるのか?

肩こりは表面的に結果として現れている症状です。
そこにマッサージをしたり湿布貼ったりしても、一時的に治まるだけで根本的には改善しません。

肩こりを引き起こしている筋肉の緊張や血行不良は鍼灸施術ととても相性がいいです。
鍼灸には、痛み、しびれなどの症状を和らげる効果があり、血流循環を良くし、自律神経を整える効果があります。

また、鍼灸施術は体質改善作用や、自律神経のバランスを整え自然治癒力を高める作用が見込める為、根本改善につながるのです。

肩こりが改善できる3つの理由

1.肩こりの原因をトータルで改善できるから

原因をトータルで改善できる

顎関節症は自律神経の乱れ・血流障害・気の停滞の3つの要因が複雑にからみ合って起こっています。

東京で唯一、当院でしか受けられない独自の鍼灸施術により、これら3つをトータルで改善していくことができます。

2. 身体全体のバランスを整えることができるから

身体全体のバランスを整えることができる

西洋医学(=病院)で受ける施術は、注射や薬により今出ている症状のみを抑える対症療法が基本です。

それに対し東洋医学(=鍼灸施術)は、全身の気の流れを見ながら身体全体のバランスを整えていきます。
これにより身体が自分で健康な状態に回復する力を引きだすことで、症状を根本改善することができます。

3. 一人ひとりに合った方法で施術を受けられるから

一人ひとりに合った方法で施術を受けられる

何がどのように影響して肩こりになってしまったかは人によって様々です。
そのため当院では、全ての施術者様がまったく同じ施術方法にはなりません。
施術するツボも施術者様によって当然変わってきます。

鍼灸施術が西洋医学のような一律な施術とは違い、
オーダーメイドのような施術法と言われる理由がここにあるのです。

大島先生はこれからの医療のキーパーソンと言っても過言ではありません

鍼灸の効果や作用については現代科学の視点からも徐々に解明されつつあります。大島先生が得意とされている婦人科系疾患には特に幅広く活用されています。

大島先生のような科学的視野をもつ鍼灸師は貴重な存在であると認識しています。

現在の大島先生は寝る間も惜しんで貪欲に最新の鍼灸の知識を獲得しながら、かつ現場で日夜施術にあたっているようです。

これからの医療のキーパーソンと言っても言い過ぎではないと思います。

人柄、技術ともに信頼できる鍼灸師です。

勉強会にも積極的に参加され、日々、鍼灸と真摯に向き合われている大島先生。
人柄、技術ともに信頼できる鍼灸師の一人です。

鍼灸のみの施術で、効果をあげリラックスさせられるのは、とても技術がいる『技』です。
鍼灸をうけるのは初めて!という方には怖くない大島先生の鍼灸はお勧めですよ。

体質改善にはピッタリの、女性向け鍼灸院です!

大島先生は毎回会うたびに施術技術が進歩していて大変驚かされています。
私も鍼灸師ですが大島先生のように鍼灸のみでやっていける数少く、大変尊敬しています。

女性の施術者様が多い理由も一緒にいてわかります。いつも気付かってくれたり、やさしい言葉なので安心してお話しができるので、通院を考えてる方には一押しします。

実は私も大島先生に施術してもらってるので推薦できるんですよ。
体質改善にはピッタリの女性向け鍼灸だと思います。

ご予約・お問い合わせはこちら 24時間受付_WEB予約はこちら

24時間受付_WEB予約はこちら

鍼灸は痛み、しびれの改善以外に婦人科系疾患にも効果があります。
当院では全身の血流循環の改善、自律神経の調整、気の巡りの改善を行います。
リラックス効果が生まれ、体質改善を行うことが出来ます。

避けて通れない更年期や毎日のように起こる頭痛・めまいなどでお困りの方、病院の検査でも異常が無いのに不快感がある方、婦人科疾患や自律神経失調症・冷え症でお悩みの方のサポートをいたします。是非ご相談下さい。

身体が変われば心が変わる。心が変われば前向きになれる。何事も好転していきます。
そうなるためにあなたをサポートしていきます。

今あなたが感じているつらい症状は、以前からあったがあまり感じなかったか、我慢できたかだと思います。
カラダは今まで耐えてきましたが、表面に出てきたり症状として現れるのは自分だけのケアでは限界ということです。
健康で元気なカラダになるよう一緒に頑張りましょう!

肩こりに関する関連記事