女性の頭痛の多くは貧血が原因

頭痛の原因の多くは貧血!?

女性の頭痛には様々な原因がありますが、意外に多いのが貧血が原因となって生じる頭痛です。貧血といえばめまいを思い浮かべる人も多いことでしょう。

「貧血=めまい」と思われている女性も多いでしょうが、貧血は、実は血が少ないから起きるのではなく、酸素不足から生じます。

この酸素を運ぶ役割を持つのが赤血球になり、貧血とは血液中の赤血球が少なくなる症状を言うのです。さらに赤血球を運ぶ補助的な役割を果たすのが鉄になります。
そのため、鉄が不足すると赤血球の運びも悪くなり、十分な酸素が体内に行き渡らなくなるのです。このように貧血とは、全身に酸素が回らなくなる現象をいいます。

貧血と頭痛のメカニズム

貧血と頭痛にはどのような関係があるのでしょうか?

身体全体の中で、酸素の消費量が最も多いのが脳になります。全体からすると脳の体積はごくわずかですが、このわずかな脳の部分で体全体の酸素消費量の約1/4を消費することになります。

これを踏まえると貧血の悪影響が最も現れやすいのは脳部と言っても過言ではないのです。
そして、酸素不足で脳が疲れてくると頭部にも悪影響を生じ、頭痛やめまいなどの異常を同時に生じやすくなるのです。

女性に貧血が多い理由

なぜ、女性は男性よりも貧血・頭痛を生じやすいのでしょうか?これには体内の鉄の量が影響していると言えます。鉄は酸素を運ぶ補助的な役割を果たしていますが、鉄は、生理の時に流れてしまうことがあります。

そのため、男性よりも女性の方が鉄不足になりやすいのです。そして『鉄欠乏症』と呼ばれる症状名がありますが、これは文字通り鉄不足です。

さらに鉄分は吸収率が悪いことでしられています。したがって鉄分を体内に補給しても、身体に吸収されず、
そのまま体外に排出されてしまうのです。

そのため、鉄分の吸収力を高めるビタミンCやたんぱく質と合わせて食事を摂ることを進めているのです。

・・・

ここまで説明すればおわかりかもしれませんが、頭痛と貧血の原因は鉄不足にあるケースが急増しております。これはサプリやダイエットフードの流行による、偏った食生活が最大の原因と言われています。

鉄欠乏症の潜在的患者数は、日本人女性だけで1000万人いるとさえ言われているのです。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事