更年期障害にかかる年齢 – 更年期お悩みQ&A

Q. 女性の更年期障害は、何歳になるとかかるのですか?

卵巣の働きは、通常、30歳をピークに次第に衰えていきます。そして50歳前後を境にして、卵巣の働きが完全にストップしてしまいます。

卵巣の働きがストップしてしまうことを「閉経」と言いますが、更年期とは、卵巣の働きが止まる「閉経」前の数年の期間を言います。

更年期障害の明確な定義は、はっきりとしていないのですが、閉経前の5年間をいうのが一般的です。更年期障害とは、閉経を迎えるまでの更年期の間に、ホルモンバランスの低下による様々な身体の不調を起こす症状のことを言います。

「閉経」を迎える時期は、人によって個人差があります。40代早々で閉経を迎える女性もいれば、50代後半で閉経を迎える女性もいます。

つまり、更年期が始まる時期は、早い人で30代の人もいれば50代の人もいることになります。このように、更年期には個人差がかなりありますので、更年期障害はいつ頃から始まるのかについては、一律的に判断することは難しいです。

日本人の平均的な閉経年齢は、50才前後と言われています。平均的な年齢で当てはめれば、更年期障害が生じる可能性のある年齢は、45才前後が一つの目安になるのではないかと思います。

ただ、更年期障害は、誰もがかかる症状ではありません。更年期障害がまったく発病しないで、閉経を迎える女性もおります。

又、これまでに、更年期障害の施術で来られた多くの女性患者さんを見ますと、比較的若い世代の割合が年々増えております。

更年期障害を患う原因は、人によって違うものと思いますが、離婚や仕事のストレスによるものが原因となって
引き起こしているケースが目立っているように感じています。

ストレスを解消できる場、悩みを打ち明ける友人などを積極的に作ろうとする女性には、更年期を楽に乗り越えら確率が上がると主張する専門医もおります。

自分に合ったストレスマネジメントを身につけていきましょう。

執筆者 すずらん鍼灸院 (東京都足立区)院長 大島宏明

すずらん鍼灸院 院長 大島宏明

大島宏明 すずらん鍼灸院 院長

■経歴
昭和43年:東京都足立区生まれ
平成13年:日本鍼灸理療専門学校卒業
平成14年~16年:富山県の鍼灸院でインターン研修
平成16年:すずらん鍼灸院開業

■免許
はり師免許番号:119623
きゅう師免許番号:119533
不妊カウンセラー

■所属団体
奇経医学研究会スタッフ
経絡治療学会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

新刊:血流をよくすれば、不調は消えていく

.

すずらん鍼灸院

〒121-0816東京都足立区梅島1-5-1-101