東洋医学における更年期障害の施術について

更年期障害と東洋医学について

西洋医学では、更年期障害の主な原因は、ホルモンバランスの乱れによるものと定義されています。東洋医学においては、更年期障害と呼ばれる病名は存在してなく、
すべての病は身体のバランス、つまり、「気」「血」「水」のバランスが崩れることにより生じるとされています。

又、東洋医学では、「腎気」と言われる概念があります。「腎気」は、「陰」と「陽」の二つの機能のバランスが整うことで正常に保つことが出来、身体のバランスも同時に維持されるようになります。

この「陰」と「陽」のバランスが崩れた時は「腎虚」 になり、身体に様々な不調を生じるようになると定義されているのです。

陽とは、「身体を温める機能」「下半身」「五臓六腑の五臓」「気」 などに当たります。これに対し、陰とは「身体を冷やす機能」「上半身」「五臓六腑の六腑」「血」「水」などに当たります。

西洋医学における更年期障害とは、東洋医学における「陰」「陽」のバランスが崩れた状態のことをいいます。

この【陽】と【陰】のバランスが崩れると、ほてり、多汗、 不眠、免疫・体力低下などの身体の異常を生じるようになるとされているのです。

このように、東洋医学では、更年期障害を「腎気の衰え、または乱れ」であるという考えが、根底にあります。

そして、東洋医学は、この腎気の乱れを整えることを得意とする施術法でもあります。

東洋医学における更年期障害の施術とは

更年期障害とは、近年に現れた現代病のように思われている方も多いかと思われます。しかし、東洋医学における更年期障害の施術法は、古来から確立されていたのです。

先ほど少し解説したように、東洋医学では、更年期障害は、「腎気」の低下、すなわち「腎虚」が原因となって生じるとされています。

そして、「腎虚」が原因となって、衝脈・任脈の働きが低下して月経異常が生じ、様々な身体の不調が起こると考えられています。

さらに、更年期障害は、先ほど解説した、五臓のうちの「腎」「肝」「脾」「心」の、4つの臓の働きと深く関係しています。

東洋医学における更年期障害の施術は、全身の「気」と「血」の流れを調整しつつ、五臓のバランスを整えていく施術を行うことで病気の原因そのものを根絶していく施術を行います。