冷え症と冷え性の違い

冷えは病気の前兆のサイン

冷え(冷え性)は、男性、女性に関わりなく起こる症状です。ただ、冷え性に悩む人の割合からすると、男性よりも女性に発病しやすい傾向があり、一般的には、女性特有の症状と言われています。

ところで、冷え性とはどのような症状でしょうか。冷え性とは、身体のほとんどは温まっている状態なのに、手や足、腰、腹部など、特定の部位だけが常に冷たく感じる状態のことをい言います。

冷え性になると、例え、部屋全体の温度を温めても、手足、あるいは腰が温まることなく、冷えているように感じます。

冷え性をそのまま放置しておくと、肌荒れ、腰痛、肩こりだけでなく、身体のだるさ、不快感、貧血、卵機能障害など、様々な症状(不定愁訴)を引き起こす恐れのある症状です。

そのような背景から、冷えは、「身体の不調・病気のサイン」とも呼ばれています。

冷え性と冷え症の違い

冷え性、冷え症・・・。
冷えには主に二つの呼び名がありますが、この違いを知ってますか?

「冷え症」とは、自律神経系の乱れからくる血管障害のことを言い、手足や腰、腹部など、特定の部位に極度の冷えを生じる症状を言います。

これに対し、「冷え性」は、睡眠や食生活、運動不足など、生活習慣の乱れにより、身体の特定の部位に冷えを感じる症状のことを言い、原因は「血行不良」にあると言われています。

冷え性は、西洋医学の世界では、病気とは扱われていないようです。そのため、はっきりとした冷え性の薬というのは存在していません。多くの方は、手足を冷やさないように、日常生活の改善から努めようとしています。

症状としては、「冷え性」の方が軽く、「冷え症」は重度ということになります。「冷え症」とは、病気と判定された時に、使われる言葉ですが、一般的には、「冷え性」と「冷え症」の区別はなく、ほとんど同意語として扱われています。

冷え症の原因

先程の説明から、「冷え症」とは、「冷え性」が悪化して、日常生活に支障をきたすほど悪くなった症状とも言えます。とういうことは、「冷え性」の原因を知ることで、「冷え症」の原因も判明できるということになります。

冷え性は、別名、「血行不良」と言われています。血行不良になると、身体を流れる血流が悪くなり、特に手足の毛細血管には、新鮮な血液が運ばれにくくなります。

血液には、新鮮な酸素や栄養素が含まれています。そして、体内にたまった疲労物質を体外に排出する働きも促しております。つまり、血液の流れが悪くなることで、手足に新鮮なエネルギーが届かなくなると同時に、疲労物質が溜まりやすくなり、冷えが生じる原因となるのです。