高血圧の原因と症状・鍼灸施術

高血圧の原因

厚生労働省による報告では、高血圧症状に悩んでいる人の割合が、50代で2人に1人、60代で3人に2人と言われ、高齢になるほど、増える傾向にあります。

高血圧症状を生じる原因は様々ですが、一般的に知られているものとして次のものがあげられます。

  • 塩分の取りすぎ
  • ストレス
  • 遺伝
  • 老化
  • 肥満
  • 運動不足
  • 遺伝
  • 気候
  • アルコール

塩分の取りすぎ、ストレス、遺伝などは、よく耳にされることと思います。

遺伝については、確実な論拠はないのですが、統計上の調査では、遺伝の要因も決して偶然ではないといえる結果が出ているのです。

高血圧の症状

高血圧は、心臓から血液を送り出す圧力が高い状態を言います。血管に強い圧力を必要とすることは、血管や心臓にそれだけ強い負担がかかることになります。

又、高血圧の初期症状においては、自覚症状が現れにくいという特徴があります。自覚症状が現れたと時は、病気がかなり進行しており、高血圧は心臓病、心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気が隠れている可能性があるとも言われています。

そのため、アメリカにおいては高血圧の症状を「サイレントキラー(静かなる殺人者)」という名称すらつけられているのです。

高血圧の症状としては、頭痛、めまい、吐き気、腰痛、手足のしびれ、だるさ、動悸・息切れなどがあります。

高血圧と鍼灸施術の効果

高血圧を改善するには、末梢神経までの血流を改善することが望まれます。特に心臓から遠く離れた手や足の指先への血流が悪いと、心臓から血液を送り出すための余計な力を必要とし、心臓に負担がかかり、血圧が高くなるのです。

血液は、心臓から送り出す力だけでなく、体内の血管の収縮の力により、血液が全身に送られるようになります。高血圧の症状とは、身体全体の血管収縮機能の働きが弱い状態にあります。

よって、鍼灸施術によって血管の収縮機能の働きを取り戻し、その結果、高血圧を改善することができるようになるのです。

高血圧は、世界保健機関(WHO)において、鍼灸適応症の一つとしてその効果が公式に認められています。

慢性的な高血圧の症状に悩まされている患者さんがおりましたら、一度は鍼灸施術を受けられることをお勧めしています。