肋間神経痛の原因と症状・鍼灸施術

肋間神経痛の原因

肋間神経(ろっかんしんけい)とは、文字通り、肋骨の間にある末梢神経のことを言います。

つまり、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)とは、肋骨に沿って存在する肋間神経に強い痛みを生じる症状を言います。肋間神経痛は、神経痛の一種であり、正式な病名ではありません。

肋間神経痛の原因は、人によって様々ですが、代表的な原因として、次のものがあげられます。

 

肋間神経痛発症の原因

肋間神経の異常

自律神経の異常などによる、肋間神経そのものの異常を示します。

ウイルス・細菌の感染

ウイルスや細菌が原因となって生じた肋骨神経痛を示します。

内臓諸器官の疾病

肋骨内に存在する内臓の病気が原因となって生じた肋骨神経痛を示します。

背骨や肋骨の損傷

事故や怪我により、背骨や肋骨が損傷を受け、 肋骨神経にも外傷を受けた症状を言います。

肋間神経痛の症状

肋骨神経痛の代表的な症状は、背中や胸、あるいは身体の側面に、数秒程度の強い痛みを生じます。

肋骨神経痛の痛みは発作的に生じ、 発作がない間は、痛みを感じることはなく、一度痛みを生じると数秒で治まるのが特徴です。肋間神経痛は、次のような動作をした時に、痛みを生じることが多いです。

  • 不自然な姿勢をとった時
  • 咳やくしゃみをした時
  • 瞬間的に身体を動かした時

肋間神経痛と鍼灸施術の効果

肋間神経痛は、肋骨に沿った身体の部位に痛みを生じますが、痛みが生じている部分が身体の悪い部分とイコールになることは限りません。

肋間神経は、肋骨間を走った末梢神経であり、身体の各神経と密接に繋がっています。肋間神経痛は、痛みが生じている部分よりも、背骨のずれが原因となって、生じることが多いのです。

背骨付近の血行が悪くなることで自律神経が乱れ、その結果、肋骨神経痛を引き起こすことになります。鍼灸施術は、肋間神経痛の根本原因となっている自律神経に働きかける施術となります。

自律神経を整えることにより、血行を促進し、背骨の筋肉の凝りや痛みを緩和させます。尚、肋間関節痛の鍼灸効果については、WHO(世界保健機関)において、その効果が公式に認められております。

特に慢性的な肋間神経痛に悩まされている方には、一度、鍼灸施術をお受けになられることをお勧めしています。