めまい外来の種類について

めまい体操について

通常、一時的にめまいが生じた場合は、少しリラックスしたり、一日休養をとれば大抵は回復します。

「めまいが慢性化した」「めまいが次第にひどくなっている」「他の身体の部分にまで異常が広かった」など、めまいには様々なパターンがあります。

そのため、どの医療機関に行けば良いか迷う方もいます。症状や原因は様々なので、「この症状の場合にはこの医療機関にいけば治る」という確実な回答があるわけではありません。

そこで、めまいのパターン別にどの施術院に行くのが一般的なのかについて、以下にまとめてみました。

 

【軽度のめまい、耳鳴りとめまいが同時に生じている】
比較的症状が軽い場合や、耳鳴りとめまいが同時に起きている場合は、近所の耳鼻科、あるいはめまい外来のある病院に行くケースが一般的です。又、鍼灸院ですと即効性があり回復が早い場合があります。

 

【手足のしびれ、ふらつきと激しいめまいが同時に起きている】
手足のしびれ、激しい頭痛、ふらつきとめまいが同時に生じている場合には、内科や神経内科(脳外科)で検査を受けてみましょう。何が原因か教えてもらうと安心します。

筋肉が硬くなってる影響、肩こりなどの原因の場合は薬では難しい場合がありますので、鍼灸院をおすすめします。

 

【歩行困難なめまい】
歩行困難なめまいの場合には、脳出血や脳梗塞の恐れがあります。安静して救急車を呼んだ方が良いでしょう。

 

【心臓や関節に異常が生じているめまい】
心肺機能に異常が生じているめまいの場合は循環器科、筋肉や関節の痛みを伴うめまいの場合には整形外科を選択し検査されることをおすすめします。
薬では良くならない場合がありますので、血行促進は鍼灸院と考えて頂くと良いかと思います。

 

【特定の季節・場所により生じるめまい】
出張や会議、特定の季節になると、めまいを生じるケースがあります。これは、心因性が原因によるめまいになり、心療内科による施術が必要の可能性が高いです。

 

【上記のいずれにも該当しない、原因不明など】
めまいが慢性的に生じているにも関わらず、どこの医療機関に行っても「異常なし」「原因不明」と診断されることがあります。

この場合は、自律神経失調症を疑っても良いかと思います。
ストレスや寝不足によるめまいも、根本原因には自律神経の異常が原因となっていることも多いです。

・・・

現在、めまいで悩む人が増えており、特に慢性的なめまいや原因不明のめまいが増加傾向にあります。自律神経の疾患は、西洋医学では不得意としている分野で、発見も遅れがちにあります。

自律神経失調症と知らず、いろんな病院に通ってしまう、いわゆる「ドクターコレクター」になってしまっている方もいます。

もし原因不明のめまいに悩まれている場合は、一度は鍼灸施術をお試しされるのもよい良いかと思われます。