自律神経を整えるツボ

自律神経を整えるツボ

本サイトでは、自律神経を整えるコツとして、いくつかの方法を紹介しています。この中で、「ツボ刺激」がありますが、ツボ刺激は自律神経を整える上で、とても有効な方法です。なぜ「ツボ刺激」は効果が高いのでしょうか。

ストレスが溜まると交感神経の働きが弱くなることで、自律神経の働きも悪くなります。自律神経が正常に働かなくなると血行の流れが悪くなります。

血液は、新鮮な酸素や栄養を身体の隅々まで運び、疲労素を体外に排出するという、とても大切な働きを担っています。つまり、血行が悪くなるということは、栄養が回らず、疲労素が残ってしまうため、筋肉や神経に異常を生じるようになります。
そして、筋肉の懲り、冷えや肩こり、腰痛、生理不順、不妊症などの異常を生じることになります。

経穴(ツボ)刺激の改善効果について

最も血液が鬱積しやすい部位として、血液と血液が交差する点があります。
この点を東洋医学では経穴(ツボ)と呼んでおり、このツボの部分で血液がよく鬱積しております。

そこで、このツボを刺激することで、鬱積した血液が循環するようになります。鍼灸をすると、身体が軽くなり、頭がすっきりします。

これは、ツボを刺激することで、鬱積した血液が循環し、血の巡りがよくなるために起きる現象です。

ここで注意点がありますが、 マッサージは、経穴(ツボ)の上を指で押しているだけで経穴刺激にはなりません。
もちろん、ツボの上を押すことで多少の効果がありますが、経穴(ツボ)はとても小さいため、鬱血状態が改善できるわけではないのです。

そこで、鍼施術により、経穴(ツボ)をピンポイントで刺激することにより、大きな施術効果が得られるようになります。

自律神経を活性化させる代表的なツボとして、以下のものがあります。

自律神経を改善するツボ

  • 天柱(てんちゅう)
  • 百会(ひゃくえ)
  • 風池(ふうち)
  • 胃兪(いゆ)
  • 合谷(ごうこく)
  • 神庭(しんてい)
  • 曲池(きょくち)
  • 大腸兪(だいちょうゆ)
  • 小腸兪(しょうちょうゆ)
  • 労宮(ろうきゅう)
  • 太谿(たいけい)
  • 三陰交(さんいんこう)