ホルモンバランスを整える鍼灸の効果

自律神経機能を高め、ホルモンバランスを整える鍼灸施術とは

鍼灸施術を行うと、身体がぽかぽかしたような、心地よい感覚を体験された方も多いかと思います。これは、経穴(ツボ)が鍼で刺激されることで、血行が改善し、筋肉の凝りが改善されたことを意味しています。

ずっとストレスを感じ、凝り固まっていた筋肉や関節が緩くなると、このような現象が生じるようになります。つまり、鍼施術には、リラックス効果を高め、副交感神経の働きを正常な状態に戻す働きがあるのです。

鍼灸は、元々、自律神経機能を高め、身体の免疫力を高めることに施術の本質があります。そして、自律神経が整うことによって、血行が改善され、生殖器官への血行不良も改善されるようになります。

生殖器官の働きが改善されれば、ホルモンの働きも正常な状態に戻り、ホルモンバランスが安定するようになります。

このような観点から、ホルモンバランスを整えるうえで、鍼灸は大変適した施術法といわれているのです。

鍼灸施術で自律神経を活性化

鍼施術においては、ホルモンの働きを整える効果の高いツボを選んで施術することになりますが、患者さんの体質に合わせて施術方法を変えていくこともあります。

自律神経の乱れによるホルモンバランスの乱れは、手足の冷え、生理不順、更年期障害、不妊症などの様々な不調を訴えるようになります。

特に自律神経失調症を患うようになると、肩こり、手足の冷え、腰痛、便秘、生理不順、ほてり、倦怠感、イライラなどの様々な不定愁訴の症状を訴えるようになります。

特定の部位の不調を訴える患者さんもいれば、複数の不調を訴える患者さんもおります。鍼灸施術においては、患者さんが悩んでいる身体の様々な不調・体質に合わせて
適切なツボを選び、施術を行ってまいります。もちろん、症状の度合いによって、一回の施術で、大きな改善効果が現れる患者さんもいれば、何度も施術を行わないと改善効果が現れない患者さんもいます。

しかし、症状がひどい場合でも、数ヶ月、定期的な施術を重ねることによって、自律神経が改善し、体が次第に楽になることを実感されるかと思います。
このように、西洋医学では、精神安定剤や睡眠薬の投与で終わってしまう施術に対し、鍼灸施術では、オーダーメイドによる施術を行わせていただきます。

鍼灸施術は、東洋医学の代表的な療法であり、その歴史は、西洋医学を遥かに凌駕するものです。不妊症や生理不順、更年期障害など、ホルモン分泌の乱れが原因となって生じる婦人科系疾患の施術については、世界保健機関(WHO)より、鍼灸適応症として、その効果が公式に認められています。

長年、婦人科系疾患の症状で悩まされている方がおりましたら、一度は鍼灸施術をお受けになられることをお勧めしています。