自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状

自律神経は、脳から足の先まで、身体のいたるところに張り巡らされています。
そのため、自律神経失調症にかかると、身体のあらゆる部分の不調を訴えるようになります。

自律神経失調症を煩った患者が訴える身体の不調は、大きく分類するとメンタル的な側面と身体的側面分けることができます。

自律神経失調症の主な症状

身体的側面に現れる症状 メンタル的側面に現れる症状
慢性的疲労、頭痛、ほてり、不眠症、めまい、微熱、のぼせ、動悸、下痢、便秘、肩こり、腰痛、吐き気、手足のしびれ、頻尿、残尿感、耳鳴り など 不安感、疎外感、イライラ、落ち込み、記憶力の低下、悲観的、音に敏感、自殺を考える、あせり、やる気がおきない など

上表のように、自律神経失調症の症状は、実にざまざまです。その症状が本当に自律神経失調症によるものなのか、臓器や神経そのものに問題があるのかを、大変わかりにくくさせています。

そのため、自律神経失調症でなく、実は他の病気だったという誤診も増えているのです。

自律神経失調症と間違えられやすい病気

 

自律神経失調症ではないのに、自律神経失調症の施術をしてしまうと、良くなるどころか、かえって悪くなります。時々、抗うつ剤を飲んだら、身体がますます悪くなったという話は一度は耳にしたことがあると思います。

もし、長い間、自律神経失調症の施術を受けて、症状が改善せず、悪化しているようでしたら、他の病気を煩っている可能性があります。それでは、誤診されやすい病気を次に紹介してまいります。

更年期障害
更年期障害によるホルモンバランスの乱れによって、自律神経が乱れることがあります。更年期障害が原因となって、自律神経失調症を発病したケースは、更年期障害の施術をしない限り、根本的な解決にはならないです。

うつ病(仮面うつ病)
最も間違われやすく、専門医でさえも見間違えてしまうのが、このうつ病です。うつ病がまるでマスク(仮面)をかぶって、他の病気を演じているかのように見えてしまうことから、別名『仮面うつ病』とも呼ばれています。

鉄欠乏症(貧血)
女性によく見られる症状で、いわゆる貧血のことです。女性は、妊娠や生理などにより、血液や鉄分が不足しがちになります。貧血は、頭痛、だるさ、倦怠感、ふらつきなど、自律神経失調症とよく似た症状を引き起こします。

すごく元気に家に帰ることができました~頭痛、不眠症、自律神経失調症

N.A 31歳 葛飾区

頭痛もほとんどなくなり、夜も良く寝れています。生理痛も少しずつ軽くなってきたのを実感しています。

もっと読む

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

とても楽になったので友達に紹介したら感動されました。

吉川市 38歳 施術者の声

吉川市 38歳

自律神経等のお薬を飲んでいて常に身体が重くてだるい等の症状が出ていて悩んでいました。

もっと読む

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肩こりなど酷かったのが柔らかくなったのは魔法のようでした。

あきる野市 36歳 施術者の声

あきる野市 36歳

全身のだるさなどが耐え切れなくなり、どうにかしなければと探していた所、こちらを見かけました。

もっと読む

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

自律神経の乱れの辛さがうそのようになりました。

荒川区 M・S 51歳

荒川区 51歳

ワラをもつかむ思いでここへ来ました。薄皮をはがすように良くなっていき、3ヶ月もすればあの辛さがウソのようになりました

もっと読む

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初回限定料金~女性専用すずらん鍼灸院

執筆者 すずらん鍼灸院 (東京都足立区)院長 大島宏明

すずらん鍼灸院 院長 大島宏明

大島宏明 すずらん鍼灸院 院長

■経歴
昭和43年:東京都足立区生まれ
平成13年:日本鍼灸理療専門学校卒業
平成14年~16年:富山県の鍼灸院でインターン研修
平成16年:すずらん鍼灸院開業

■免許
はり師免許番号:119623
きゅう師免許番号:119533
不妊カウンセラー

■所属団体
奇経医学研究会スタッフ
経絡治療学会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

新刊:血流をよくすれば、不調は消えていく

.

すずらん鍼灸院