肩こりと鍼灸施術の効果

肩こりと鍼灸施術

肩こりは、鍼灸適応症の中でも代表的な症状の一つです。鍼灸施術の患者さんでは、肩こり予防のために通院されている方の割合が多いです。

鍼灸施術は、肩こりの原因となっている筋肉の凝りをほぐし、血行を促進することで、痛みを和らげる効果があります。また、鍼灸施術の大きなメリットに、病名がなくても施術ができる点が上げられます。

例えば、肩こり施術のために、通常の病院で診察を受けても、「疲れですね」「軽いストレスですね」と診断されるのが一般的で、よくてシップを貼って痛み止めをもらう施術で終わります。
続けても、中々治らないで鍼灸院に駆け込んで来る方が多いです。

肩こりの施術に鍼灸院が良く選ばれる理由には、薬物療法、マッサージを行ってるのに改善されない方が最後の砦で選んで来院されます。そして、改善され顔色、考え方まで前向きに変わっていく方もいます。

鍼灸施術の効果

肩こりは鍼灸適応症の中でも代表的な疾患の一つです。肩こりのほとんどは、血行が悪くなることに原因があります。
ということは、肩こりを緩和する一番の施術は、体内の血液循環を良くすることです。

肩が凝ったときに、身体を動かしたり、凝っている部位を刺激したりすると、少し楽になった感じがします。身体を動かしたり、凝っている部位(ツボ)を刺激すると、鬱血の血液が循環するようになり、肩こりが改善する効果があります。

鍼灸施術の大きな特徴は、薬による副作用の心配が全くないことです。鍼はとても痛いというイメージがありますが、鍼はとても細く、心地良さを感じる方の方が多いです。

鍼を刺すことにより神経が刺激され、気の巡り、血行が促進されます。血液循環が良くなることで、痛みの原因となっている発熱物質が押し流され、肩こりの不快な痛みを緩和することになるのです。
鍼灸施術を行うと、辛い痛みが緩和されるという理由にはこういった背景があるのです。

又、鍼施術は痛みを緩和するだけでなく、血行不良の原因となっている自律神経の乱れを正常に戻す作用があります。

ここで、勘違いされてはいけないことがあります。鍼灸施術とは、身体の異常を根本から治し、免疫力を高め、病気になりにくい身体を作ることにあります。

「肩こりは、鍼灸施術での即効性が高い」と言われるのは根本治癒を目指す施術だからです。肩こりが深い位置でも浅い位置でも発生している場合には、鍼灸施術が適しています。

肩こりには、個人差があります。深い肩こりか、あるいは浅い肩こりかなのかは、実際に施術してみないとわかりにくいものです。

ただ、慢性的な肩こりに長年悩まされている場合には、症状がさらに悪化する前に、早めに施術されることをお勧めしております。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事