出血量が多い – 生理不順お悩みQ&A

Q. 経血量が多すぎて困っています。

月経過多と言います。 月経過多:生理周期が正常でも、出血量が通常よりも多い状態を言います。
又は、通常よりも出血量が多い日々がずっと続く生理不順の症状も 月経過多と呼ばれることがあります。

月経過多が続くと貧血を起こしやすくなります。貧血に伴い、めまい・立ちくらみ・ 動悸・息切れなどの症状を同時に引き起こすこともあります。

 

原因

1つ目は黄体ホルモンの分泌が不十分なケースが上げられます。
基礎体温を測り、高温期があるかを確認してみましょう。

2つ目は子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮の病気が考えられます。

 

予防・改善

原因を引き起こしている病気の症状により施術法は異なります。
卵巣に異常がある場合には、ホルモン療法を行います。

ホルモンバランスの乱れ、冷えが原因になっていることが多いです。
この場合は、常に身体を冷やさないようにすることが予防になります。

 

執筆者 すずらん鍼灸院 (東京都足立区)院長 大島宏明

すずらん鍼灸院 院長 大島宏明

大島宏明 すずらん鍼灸院 院長

■経歴
昭和43年:東京都足立区生まれ
平成13年:日本鍼灸理療専門学校卒業
平成14年~16年:富山県の鍼灸院でインターン研修
平成16年:すずらん鍼灸院開業

■免許
はり師免許番号:119623
きゅう師免許番号:119533
不妊カウンセラー

■所属団体
奇経医学研究会スタッフ
経絡治療学会会員
日本不妊カウンセリング学会会員

新刊:血流をよくすれば、不調は消えていく

.

すずらん鍼灸院

〒121-0816東京都足立区梅島1-5-1-101