顎関節症は鍼灸施術で改善できる

顎関節症と鍼灸施術

顎関節症は関節症の一種なので、鍼灸適応症の一つです。当院での顎関節症で来られるお客様は、若い女性が中心で、鍼灸施術による効果を実際に体験されている女性も多いです。

顎関節症の施術においては、初めに歯科矯正で施術するケースがほとんどですが、なかなか治らない事もあります。マウスピースを睡眠時しておく施術ではマウスピースが合わなくて痛みが発生する場合もあるそうです。

そこで、鍼灸施術を選択したという流れが一般的のようです。当鍼灸院に、顎関節症の施術に来られたお客様は、「顎の痛みの施術」よりも、「本当は耳鳴りの方を先に何とかしたかった」「慢性化した腰痛を先に治したかった」という隠れた声が多かったことには驚きました。

又、顎関節症を患った方の多くが、首回りや肩、特に耳や顎付近の筋肉が固くなっていて、凝りを生じていました。

仕事や家事、受験勉強などで多忙で、知らずのうちに歯を噛み締めて作業をしている方が多く、その影響で顎関節が硬くなり、顎関節がずれ、顎関節に炎症を生じていました。

このようなケースは、鍼灸施術で凝りをほぐし、炎症を和らげる必要があります。この筋肉の凝りを解決しない限りは、顎関節症が治らないばかりか、顎関節症を再発する可能性も高いのです。

鍼灸施術における施術回数の目安は、症状の度合いによって異なります。数回の通院で完治する方もいれば、症状が重度でしばらく通院しなければならない場合もあります。いずれにしても、症状が軽い段階で施術を受けられることをお勧めしています。

顎関節症に対する鍼灸施術の効果には、「痛みを軽減する」「筋肉を緩和する」ことが挙げられますが、頭痛やめまい、耳鳴りなどを生じている場合には、自律神経を正常にし、それらの症状を緩和する効果も期待できます。

これまで、顎関節症に悩む方が鍼灸施術を受けられて元気になった例を多くみてきました。慢性的な顎関節症に悩まれている方がおりましたら、一度は鍼灸施術をお試しされるのもよいかと思います。

顎関節症と不定愁訴について

顎関節症は、顎の痛みや開口障害だけでなく、耳鳴り、腰痛、肩こりなどの身体的異常から、イライラ、倦怠感などの心的不調まで、不定愁訴と呼ばれる症状を併発することがあります。

又、免疫力の低下と顎関節の筋肉の凝りが解決されない限り、顎関節症を再発することが多く、かつ、慢性化しやすい症状でもあるのです。特に不定愁訴が慢性化した場合には、例えば歯科医での施術で、根本的な解決を求めるのはやはり難しいのではないかと思います。

もちろん、歯並びや咬み合わせの悪さが原因となっている場合には、歯科医による施術はやはり必要ですが、顎関節症の一番多い原因は、顎関節症の原因でも述べたように、ストレスです。

ストレスが原因となって、「顎が痛くて、腰が痛くて、倦怠感がある」などのような不定愁訴が現れた場合には、鍼施術により、全身の血行を改善し、身体の免疫力を高めることが大事になります。

顎関節症が鍼灸適応症の一つとされている理由には、こういった背景があるのです。