冷え性はなぜ起こる

そもそも、なぜ冷え性が起こってしまうのか?

それは、自律神経の乱れ、血流障害、気の停滞にあります。

慢性的な冷え性に悩まれ当ホームページをご覧いただいているあなたは、これまで日常生活で様々なストレスを感じていたのではないでしょうか。
そのストレスがきっかけで、身体は上記3つのような反応を起こします。
これらの反応が相互作用を起こすことで身体を流れる血流が悪くなり、手足に新鮮なエネルギーが届かなくなると同時に、疲労物質が体内に残ることになります。
これが冷えの原因になってしまっているのです。