なぜ、当院の鍼灸施術により群発頭痛を改善することができるのか?

なぜ、当院の鍼灸施術により群発頭痛を改善することができるのか?

群発頭痛

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 毎日のように目の奥、こめかみが痛む
  • 痛くて朝起きるのが辛い
  • 年1回、数か月に1回起こり部屋から動くのも辛い
  • 睡眠中、明け方に激しい痛みが襲う

こういったお悩みを抱えている方が当院の施術でどんどん良くなっていくのは

  1. 交感神経(興奮する神経)、副交感神経(リラックスする神経)のバランスを整える
  2. 冷えを改善し血流を良くする
  3. 家庭で行うホームプログラムの提案

3つを行うからです。

当院の鍼灸施術で、その辛い不眠症は改善できます

鍼灸で改善された患者様の声をご覧ください。

お客様写真

足立区 M様 51歳 女性

蓄積された疲労がリセットされ前向きな気持になります。
頭痛の起きる頻度が減りました。

鍼と聞いて怖がる人がいますが受けてみると、とても体が楽になるし、痛みはないので心配せずチャレンジしてみて欲しいと思います。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

お客様写真

足立区 F様 53歳 女性

施術を受けると、体があたたまり、肩こりが楽になり頭痛が無くなりました。

女性専用なので安心して施術を受けられるので、悩んでいる方は一度鍼灸施術を受けてみたら良いと思います。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

お客様写真

足立区 SO様 33歳 女性

初回を受けて先ず身体の軽さに驚きました。フワッと軽くなり浮いてるみたいで明らかに違いました。
1回でこんなに変わるものかとビックリしました。

それから数回受けていますが確実に緩和されてて身体が楽になっています。もっと早くお世話になれば良かったと思います。
迷ってる方は是非!

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。


初回限定キャンペーン
ご予約・お問い合わせはこちら
24時間受付_WEB予約はこちら
24時間受付_WEB予約はこちら
LINE@でお得情報配信中
LINE@に登録する

群発頭痛とは

群発頭痛

群発頭痛とは、目の周りが抉り取られるような激しい痛みや側頭部の激しい痛みを伴う症状を言います。

その他の慢性頭痛として有名な偏頭痛や緊張型頭痛と比べて群発頭痛の発症割合は極めて少ないのですが、
慢性頭痛の中では最も激しい痛みを生じるようになります。

緊張型頭痛はすべての人たちが起きる可能性のある疾患に対し、
群発頭痛の発症率は1000人に1人と言われ、発症率は非常に低いです。

偏頭痛の発症が女性に圧倒的に多いのに対し、群発頭痛は男性に発症する傾向にあります。

群発頭痛はある特定の時期・時間に集中して発生することから、群発頭痛と呼ばれています。

群発頭痛の原因

一旦、群発頭痛が生じると、毎日激しい痛みが襲い、
まるでスプーンで目をえぐられるような耐えられない痛みが生じます。

群発頭痛の原因は、はっきりと特定出来ていませんが、
目の奥にある内頚動脈(ないけいどうみゃく)と呼ばれる血管が突如膨張することから起きると考えられています。

内頚動脈が膨張する理由としては、自律神経の一つであり、
リラックス神経と呼ばれる副交感神経に異常が生じているためと考えられています。

群発頭痛は、アルコールを頻繁に摂取する方に発症しやすい傾向にあります。
そして夜眠った時や朝起きた時など、決まった時間帯に群発頭痛が起きることから、
「体内時計の調整がきかなくなった状態」とも言えます。

眠る時間になっても眠れなくなる「不眠症」の原因は、
眠る時に働くべき副交感神経が正常に働かないことが原因
とされています。

つまり群発頭痛の発症原因には、
自律神経のトラブルが生じるメカニズムと類似した関係があると考えられるのです。

群発頭痛の症状

群発頭痛の症状は、目の周りの激しい痛み以外に
次のような症状を同時に併発します。

群発頭痛と同時に発症する症状

  • 眼球の充血
  • 鼻水、鼻詰まり
  • 発汗
  • まぶたがむくむ
  • 目がかすむ

群発頭痛がいったん生じると数十分から数時間、一日に数回、激しい痛みが起きるようになります。

この辛い症状が毎日のように続き、長い場合には、数か月、群発頭痛に悩まされることもあります。

群発頭痛は深夜や朝の目覚め前など、一定の周期で起きることが多く、
深刻な寝不足になることもあり、日常生活に支障を起こすようになります。

又、痛みも深刻なため、自殺してしまう方が出てしまうことから「自殺頭痛」とも言われています。

群発頭痛の鎮痛薬

群発頭痛

群発頭痛の原因は特定できていないため、発生メカニズムもはっきりしてません。

群発頭痛はあまりにも激しい頭痛を伴うため、市販薬の効果はほとんど期待できません。

群発頭痛を抑える薬は、基本的に医療機関の薬が中心になります。

群発頭痛に使われる薬には、
プレドニゾロン、ベラパミル、炭酸リチウム、ステロイドなどが知られています。

施術薬を大きく分類すると抑制施術薬と予防薬があります。

抑制施術薬としては偏頭痛と同じトリプタン系の薬が使われますが、
群発頭痛の痛みはとても激しいので、薬を大量に使うようになります。

抑制施術薬は副作用の可能性も高くなるため、
できるだけ群発頭痛が起きる前に服用する予防薬で抑えることが望ましいと言えます。

群発頭痛の対処・予防法

アルコール禁止

群発頭痛は働き盛りの世代に発症しやすい傾向にあり、
特にアルコールの摂取量が多い方に起こりやすいと言われています。

群発頭痛は寝る前や朝方など規則的に起きる傾向があるので、
その時間帯にはアルコールの摂取は極力避けるようにします。

タバコも控えた方が良いでしょう。

群発頭痛は体内時計が狂っている病と言われているので、
規則正しい生活を心がける必要があります。

群発頭痛については、明確な予防法が存在せず、痛みも尋常にないほど激しいため、
基本的に医療機関で早期に診断してもらうことが望ましいでしょう。

当院による群発頭痛の鍼灸施術

鍼灸施術には、痛みを抑える作用、自律神経の調整、血流循環を良くする作用があります。
よって、身体のバランスを整えることが出来ます。

身体のバランスが崩れている時は自律神経が乱れており、全身のバランスが乱れていることが起因して、頭部にも悪影響を与えていることがあります。

鍼でツボを刺激することで首、肩、肩甲骨、背中の筋肉を
柔らかくし血流を良くします。
又、ふくらはぎの硬い方はふくらはぎも柔らかくします。
停滞していた血流が循環し、血液を通して不純物が体外へ排泄されると同時に、
新鮮な酸素や栄養素が体内を巡るようになります。

その結果筋肉の凝りがなくなり、頭痛が改善していくようになります。

全身調整をしますので施術前、施術後の身体が違ってくることがわかると思います。

鍼灸を施すことで「瘀血(おけつ)」が改善されるとともに免疫力が向上し、
慢性化した頭痛を完治させることができるのです。
血流が改善されると良いアイデアが出てきて前向きになります。
良いアイデアが出てきて前向きになると行動も変わります。
行動が変わると色々な出会いがあり人生も変わっていくのです。
血流改善は必要ですのでお悩みの方は一度鍼灸施術を受けてみて下さい。

※改善には個人差があります。効能効果を保証するものではりません。

トップへ戻る