五十肩の原因・症状と鍼灸施術

五十肩の原因

五十肩とは、別名、フローズンショルダー(凍結肩)と呼ばれます。
その名のとおり、肩の関節が硬くなり、肩が詰まって動かなくなる状態を言います。

五十肩は、診察で異常が見つかることはありませんが、なぜか肩関節の周辺に
痛みを伴います。痛みがあるのに、肩には検査をしても異常が見当たらないのが
特徴で、このような肩周辺の痛みを総称して「五十肩」と呼んでいます。

五十肩とは別に、四十肩という言葉もありますが、症状は一緒です。

50代の方に良く現れた症状なので、「五十肩」という呼び名が付けられ
ましたが、近年、低年齢層による発症も増え、「四十肩」という呼び名も
使われるようになりました。

五十肩は、先程説明したように検査しても関節の異常は
見当たらず、原因を完全に特定されているわけではありません。

発症の原因には、無理な姿勢、物を持ち上げた瞬間、
野球やゴルフなどのスイング時などのように、突然生じるものが多いです。

また、打撲や捻挫が原因となって発症するケースもあります。

五十肩の症状

五十肩は、単なる肩こりとは異なります。

肩こりは文字通り「肩が凝る」という症状ですが、五十肩は、
「肩が痛い」、「腕の関節が痛い」などのような具体的な痛みを伴います。

五十肩の症状がひどくなると、「寝返りを打てない」「衣服を着ることが困難」などのような、
日常生活にまで支障をきたすほどの激しい痛みを生じることがあります。

また、五十肩は「首の痛み」と間違いやすいという特徴があります。

「肩の痛みと思い、診察を受けたら、実は首の痛みだった」という
ケースもありますし、「首が痛いと思ったら、肩の痛みだった」
という逆パターンもあります。

五十肩といっても、痛みの箇所は肩だけでなく、「肩から腕にかけて」、
あるいは「肩から首にかけて」と、広範囲にわたります。

そのような理由から、肩の痛みなのか、腕または首の痛みなのか、
混合される方も多いので、発見が遅れることもあります。

五十肩と鍼灸施術

西洋医学における五十肩の代表的な施術法に、痛み止めや湿布、温熱などがあります。

これに対し、東洋医学では、五十肩は、「人間の身体は50才を過ぎると、
気(エネルギー)不足になり、気が衰えることにより、血流も悪くなる」
とされています。

血流が悪くなることで、経絡(ツボとツボを結ぶ線)が鬱血しやすくなります。

それが原因で関節などに痛みを感じるようになり、やがては炎症を起こし、
五十肩の原因のひとつになっていると考えらています。

鬱血が五十肩の原因であれば、その鬱血を改善しない限り、
根本的な施術にはなりません。

鍼灸施術は、血液の流れを清浄にし、免疫力の高い身体を作ることです。
五十肩の鍼灸施術による効果は極めて高いので、鍼灸施術をお勧めしています。

鍼灸適応症メニュー

症状を逆引きする


レディース鍼灸 更年期障害冷え症月経困難症生理痛産後ケア尿漏れ膀胱炎頻尿
スポーツ鍼灸

肩こり腰痛五十肩関節痛リウマチ顎関節症、寝ちがい、関節炎、腱鞘炎、ねんざ、むちうち

神経系鍼灸 坐骨神経痛肋間神経痛三叉神経痛など)、
頭痛めまい顔面神経マヒ不眠症脳卒中頚腕症候群
循環器系鍼灸 貧血高血圧低血圧、動脈硬化症
予防鍼灸 免疫力をつけることで体質改善を行います
消化器系 下痢便秘食欲不振胃炎、十二指腸潰瘍
呼吸器系 気管支喘息気管支炎風邪
その他 眼精疲労鼻炎花粉症肉体疲労のぼせアトピー性皮膚炎
トップへ戻る