産後のケアの必要性について

女性は、出産の際に、赤ちゃんが無事、身体の外に出られるように、
身体の間接や筋肉がゆるゆる状態になります。

出産後、本来の位置からずれた間接や筋肉が元の状態に戻そうとする力が働きますが、
このときに、間接や筋肉がずれた状態のまま、
本来の位置に戻らないことがあります。

特に骨盤のバランスがくずれることが多く、骨盤が歪むことによって、
産後太り、腰痛、肩こり、頭痛、
倦怠感、疲労感などの症状を引き起こすことになります。

このように、出産後は、骨盤や身体の間接がずれることにより、
血流が悪くなり、筋肉に凝りを生じ、腰痛や産後太りが起きるようになるのです。

産後ケアと鍼灸施術について

鍼灸施術は、凝りや痛みの原因となっている血行を改善することで、
腰痛や肩こりを緩和させることができます。

又、腰痛は腰の痛みと思われがちですが、産後の痛みは腰というよりも、
腰より少し下にある臀部に凝りや痛みを起こしていることが多いです。

この臀部の痛みを、「骨盤帯痛」と呼んでいます。

これらの痛みや凝りを生じると当然、血行にも悪い影響を生じます。
血行が悪くなると、基礎代謝が下がってしまい、
エネルギーが消費されにくくなり、産後太りになりやすくなるのです。

出産には身体のエネルギーを大量に消耗します。

さらに、その消耗した身体で育児を行うことになり、
筋肉や間接に疲労が溜まり、さらに身体の症状を悪化させることになります。

鍼灸施術は、腰痛や肩こり、産後太りなどを防止するとともに、
全身の血流を改善させることにより、産後による心身の疲労を回復してまいります。

産後はホルモンバランスを崩していることが多く、
その影響により、身体に様々な異常を併発することになります。

鍼灸施術は、自律神経の機能を高めることで、ホルモンの働きを正常に戻し、
身体の様々な不調を緩和する効果もあります。

鍼灸施術による産後ケアをお考えの方は、気軽にご相談くだされば幸いです。

トップへ戻る