自律神経失調症の症状

自律神経は、脳から足の先まで、身体のいたるところに張り巡らされています。
そのため、自律神経失調症にかかると、身体のあらゆる部分の
不調を訴えるようになります。

自律神経失調症を煩った患者が訴える身体の不調は、大きく分類すると
メンタル的な側面と身体的側面分けることができます。

自律神経失調症の主な症状

身体的側面に現れる症状 メンタル的側面に現れる症状
慢性的疲労、頭痛、ほてり、不眠症、めまい、微熱、のぼせ、動悸、下痢、便秘、肩こり、腰痛、吐き気、手足のしびれ、頻尿、残尿感、耳鳴り など 不安感、疎外感、イライラ、落ち込み、記憶力の低下、悲観的、音に敏感、自殺を考える、あせり、やる気がおきない など

上表のように、自律神経失調症の症状は、実にざまざまです。

その症状が本当に自律神経失調症によるものなのか、臓器や神経
そのものに問題があるのかを、大変わかりにくくさせています。

そのため、自律神経失調症でなく、実は他の病気だったという誤診も増えているのです。

自律神経失調症と間違えられやすい病気

自律神経失調症ではないのに、自律神経失調症の施術をしてしまうと、
良くなるどころか、かえって悪くなります。

時々、抗うつ剤を飲んだら、身体がますます悪くなったという話は
一度は耳にしたことがあると思います。

もし、長い間、自律神経失調症の施術を受けて、症状が改善せず、
悪化しているようでしたら、他の病気を煩っている可能性があります。

それでは、誤診されやすい病気を次に紹介してまいります。

更年期障害

更年期障害によるホルモンバランスの乱れによって、自律神経が乱れることがあります。
更年期障害が原因となって、自律神経失調症を発病したケースは、更年期障害の施術をしない限り、根本的な解決にはならないです。

うつ病(仮面うつ病)

最も間違われやすく、専門医でさえも見間違えてしまうのが、このうつ病です。
うつ病がまるでマスク(仮面)をかぶって、他の病気を演じているかのように見えてしまうことから、別名『仮面うつ病』とも呼ばれています。

鉄欠乏症(貧血)

女性によく見られる症状で、いわゆる貧血のことです。
女性は、妊娠や生理などにより、血液や鉄分が不足しがちになります。
貧血は、頭痛、だるさ、倦怠感、ふらつきなど、自律神経失調症とよく似た症状を引き起こします。

トップへ戻る