薬を使わず自律神経失調症を改善

精神疾患の病気を煩っている人は、近年、急増しています。
西洋医学がどんなに発達しても、これだけ多くの患者がいることを考えると、
西洋医学にも限界があると認めざるをえないと思います。

自分である程度、自己防衛をしていかないといけないのですね。
また、薬の恐いところは、中毒性と副作用があることです。

薬を否定するわけではありませんが、自分自身で健康管理を一切せず、薬だけに頼るのは、
やはりよくないことですね。
ここでは、薬を使わない改善法を一部紹介させて頂きます。

有酸素運動

有酸素運動とは、酸素を体内にたくさん取り込む運動をいいます。
有酸素運動は、自律神経の働きを正常にする効果があることで知られています。

有酸素運動の代表的なものとして、ウォーキング、ジョギング、水泳があります。

呼吸法

自律神経のなかで、唯一、意識的にコントロールできるところがあります。
それがこの「呼吸」です。
呼吸だけは、意図的に早くしたり、ゆっくりさせることが可能です。

息を吸うときには交感神経が働きます。
逆に、息を吐くときは副交感神経が働きます。
自律神経失調症になると、吐く呼吸が弱く、副交感神経の働きが弱っているのですね。

ですから、吐く息を意図的に大きくし、副交感神経の働きを活性化させることができるのですね。

詳しくは→自律神経失調症ガイド【運動療法】

栄養療法

ビタミンが欠乏してくると、「疲れやすい」「イライラする」
「動悸がする」「倦怠感」などの症状が出やすくなります。

症状だけ見ると、自律神経失調症とよく似ていますね。

実は、自律神経失調症ではなく、ただのビタミン不足だったということもあるのですね。
ビタミン不足の検査は、ほとんど病院では行いません。
「これは、現代医学の盲点である」と主張する専門医もいるくらいです。

現代では、普通に食事をしていると、ビタミンがどうしても不足がちになってしまいます。
そのため、意図的にビタミンを多く摂取する必要があります。

ストレス耐性を高める栄養素としては、ビタミンC、ビタミンB群(特にB1,B6,B12)があります。

詳しくは→自律神経失調症ガイド【栄養療法】

鍼灸施術

西洋医学は、癌や心臓のような局部の施術、即効性の施術には
とても有効ですが、生活習慣病や心の病の分野においては、苦手としています。

東洋医学には、元より自律神経の乱れという概念はありません。
全ては臓器のバランスの乱れ、あるいは血流の乱れにより生じる病とされています。

従って、臓器を整えて、血液の流れを正常にすることにより、
自律神経の乱れを治すというのが鍼灸施術の根本の考えなのです。

今、鍼灸施術は、自律神経失調症の施術にとても有効ということで、注目されております。

詳しくは→自律神経失調症ガイド【鍼灸施術】

トップへ戻る