よくあるご質問

~患者様からのご質問 1

~患者様からのご質問 2

~患者様からのご質問 3

鍼灸の施術効果ってどんな感じですか?

全身の血流循環を良くし、自律神経のバランスを整えます。
詳しくは『鍼灸の施術効果』をご覧下さい

鍼って痛いんじゃないですか?

髪の毛程の細さなので、痛みはあまり感じません。
又、ディスポ鍼(使い捨ての鍼のこと)を使用してますので衛生面でも安心して施術が受けられます。
局所的に1~2ミリ程度しか刺さないので痛さはあまり感じません。

灸は熱くないのですか?

灸は米粒の半分程の大きさです。これをツボにすえます。
痕もあまり残りませんし、時間が経つとほとんどわからなくなります。

病院にかかってるのですがはり灸施術しても大丈夫ですか?

大丈夫です。
むしろ西洋医学と併用したほうが効果が上がると思います。
欧米でははり灸が代替医療として認識されていて、病院にはり灸がないと患者数が減るとまで言われています。

ハリは癖になると言いますが本当でしょうか?

いえ、そんなことはありません。
身体がはり施術を必用な時は身体が要求するのですが、良くなると要求しません。
予防鍼灸としても効果があります。

鍼灸師は資格が必要ですか?

厚生労働省が行う国家資格の合格者に「はり師」「きゅう師」の資格が与えられます。
医師、薬剤師、看護師同様に医療従事者です。

 

鍼が深く身体に入りすぎて、怪我をしないか心配です

鍼を深く入れることはありません。
局部的に、1~2mmの深さしか刺さないので、怪我の心配はございません。

鍼で感染することはないですか

鍼は、消毒減菌されている特殊なディスポ鍼(使い捨て)を使用しております。
また、鍼は、一度の施術で全て廃棄しており、衛生面においては、
最大限の注意を払っております。ご安心下さい。

鍼による副作用はありますか

鍼施術は、東洋医学に分類します。
体内に存在しない成分を取り入れる薬の投与による施術とは、
根本的に異なる施術法なので、副作用の心配はございません。
まれに、瞑眩(めんげん)現象と呼ばれる好転反応を生じ、
一時的に身体がだるくなることがありますが、
これは、鍼施術により、細胞が活性化し、体内の疲労物質(参加した老廃物)
が、体外に排泄されるためにおきる症状です。
瞑眩(めんげん)現象は、身体が良くなっていく過程で起きる症状なので、
副作用とは全く別物です。

施術期間はどのくらいがよいですか?

急性の肩こりや腰痛などであれば、ごく短期間の通院で治ることが多いです。
又、慢性的な症状であれば、長年創り上げた体質改善が必要となるので、
症状に応じて、定期的に施術されることをお勧めしています。

鍼施術が合わないという方はおりますか?

基本的に、特殊な金属アレルギーや極端な鍼恐怖症をお持ちでなければ
鍼施術に合わない患者さんはおりません。

妊娠中に鍼灸をしても大丈夫ですか?

鍼灸は、薬による投与を行う施術とは根本的に異なるので、
副作用の心配はありません。
むしろ、妊娠中の女性や薬による施術を控えたい方に適しています。

今、通院中で薬を飲んでいます。施術は可能ですか?

症例によっては、他の病院との併用により、より高い効果
を発揮することがあります。鍼施術は、自然治癒力を高める施術法で、
むしろ長期的な施術に適しています。

施術時の格好はどのようになりますか?
着替えなど準備していくのでしょうか。

当院では使い捨ての紙パンツ(エステで使用するもの)を用意しております。
上はTシャツなど患者さんが着てくるもので対応しております。

男性と隣あわせになったりするのでしょうか?

平日は女性のみで、土曜日の午後のみ男性患者(紹介)さんを診療してますので平日、土曜日の午前中ならば男性が隣にくることはございませんのでご安心下さい。

使い捨ての鍼ということですが、患者の前で袋を開封したりと、目にみえた安全、安心を提供してくれますか?

そのようにしていますのでご安心下さい。
ベッドシーツ、枕カバーも1回の使い捨てのペーパーを使用してますので衛生面に関してはご安心下さい。

鍼は何本位刺すのですか?太い鍼を深く刺すのですか?

当院では脈診をしてからその方の症状に合わせて、手足に4本の鍼を刺します。
他にも鍼は刺しますが、その方の症状に合わせるので全部で10本前後の鍼を使用します。鍼は髪の毛程度の細さで1~3ミリ程度刺すだけで、深く刺すことはありませんのでご安心下さい。

トップへ戻る