なぜ、当院の鍼灸施術により不眠症を改善することができるのか?

なぜ、当院の鍼灸施術により不眠症を改善することができるのか?

不眠症

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 寝つきに何時間もかかる
  • 眠りが浅く夜中何回も目が覚める
  • ぐっすり寝ても寝た感じがしない
  • 薬を飲まないと眠れない

こういったお悩みを抱えている方が当院の施術でどんどん良くなっていくのは

  1. 交感神経(興奮する神経)、副交感神経(リラックスする神経)のバランスを整える
  2. 冷えを改善し血流を良くする
  3. 家庭で行うホームプログラムの提案

3つを行うからです。

当院の鍼灸施術で、その辛い不眠症は改善できます

鍼灸で改善された患者様の声をご覧ください。

お客様写真

台東区 H・O様 49歳 女性

今以上に薬を増やしたくなく、藁をもすがる気持ちで電話をした。
初めての時はとても緊張したが先生の気さくな人柄や医院の雰囲気に癒された。
鍼は全く痛くなく、私にとってはリラックスできる時間。
又、通うペースなどの相談にも乗ってもらえるので安心できる。

※ 施術を受けた方の感想であり、効果効能を保障するものではありません。


初回限定キャンペーン
ご予約・お問い合わせはこちら
24時間受付_WEB予約はこちら
24時間受付_WEB予約はこちら
LINE@でお得情報配信中
LINE@に登録する

現代は、不眠症で悩んでいる人が大変増えております。

不眠症には、いくつかの種類があります。不眠症を克服するには、
ご自分がどの不眠症のタイプなのかを知り、そのタイプに合わせた対策が
必要となります。

そこで、不眠症に悩む多くの女性にとって、不眠症を克服するための
予防・対策
を紹介しました。

不眠と不眠症の違い

不眠と不眠症は同義語で使われることが多いですが、
明確な違いがあります。

不眠症とは、文字通り『眠りたくても眠れない』状況が、
日常生活において、慢性的に続いている状態
のことをいいます。

(詳細は、不眠と不眠症の違い


不眠症の原因とその種類

排卵とメカニズムの関係

厚生労働省の調査によると、日本人の10人に1人が不眠症
の状態です。さらに、不眠症の予備群までカウントすると、
5人に1人が何らかの睡眠障害を起こしていると言われています。

近年、これほどの睡眠障害を訴える人が増えたのでしょうか。
不眠症の原因とその種類を紹介しております。

(詳細は、不眠症の原因と種類


4タイプの不眠克服法

排卵とメカニズムの関係

不眠症には、「入眠障害」「中途覚醒」「早期覚醒」「熟眠障害」
4種類あります。

不眠症を克服するためには、自分がどの不眠症に該当するかを
確認する必要がります。ここでは、4タイプ別の不眠症克服法
について解説しました。

(詳細は、不眠克服法


鍼灸施術の効果

不眠症に悩んでいる日本人の割合は、 先進国の中においては
トップクラスにあります。

しかし、不眠症で医師に受診する人は最も低い割合となっております。
その理由に、 「病院に行っても治らない」 「睡眠薬を飲んですませる」
と言う割合が多いように思います。

このような背景から、不眠症克服における鍼灸効果が注目され始めて
おります。

(詳細は、鍼灸施術の効果


東洋医学においては、不眠症の研究は、遙か昔より研究が行われて
おり、西洋医学より長い歴史をもっております。

東洋医学では、不眠症に該当する概念は「失眠」あるいは「不寝」になります。
そして、 「失眠」「不寝」の原因は、心と肝のバランスが崩れたときに生じると
されています。

西洋医学では、不眠症は慢性病の一つとされておりますが、鍼灸施術
においては、不眠症は身体のバランスの乱れと定義し、その施術法が
確立されております。

トップへ戻る