今回は「自分でできる睡眠障害セルフチェックとは?【前編】」に続いて、自分でできる睡眠障害のセリフチェックシート「ナルコレプシー症候群」「月経随伴睡眠障害」「更年期随伴睡眠障害」を3つご紹介します。

 

チェックその1:ナルコレプシー症候群

ナルコレプシー症候群とは、日中にガマンできないほどの眠気に襲われ、居眠りをくり返してしまうことで、夜グッスリと眠れない不眠症のことです。
居眠りしている時間は、長くても30分ほどであり、目が覚めたとき、気分がスッキリしていることが多いのが特徴です。
ナルコレプシー症候群は、単なる睡眠障害ではなく、泣く・怒る・笑うなどの情動の大きな変化をきっかけに、発作的に全身の力が急に抜けてしまう「情動脱力発作」が起こる脳の病気であり、寝入って間もないタイミングや覚醒直後に金縛りの症状や幻覚が起こる場合もあります。

ナプコレプシー症候群のチェックシート

□ もともと不眠がちで、熟眠感が得られない
□ 悪夢にうなされることがある
□ 仕事や勉強中に、いつの間にか居眠りしていることがある

ナプコレプシー症候群の改善方法

ナプコレプシー症候群は、脳の病気による不眠症です。
事前に、ナプコレプシー症候群の治療を行っているかどうか、日本睡眠学会の認定機関および認定医のいる医療機関などに問い合わせ、受診するようにしてください。

 

チェックその2:月経随伴睡眠障害

月経随伴睡眠障害とは、女性に多い睡眠障害のひとつです。
排卵~月経直前にかけて盛んに分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」には、睡眠の質を悪化させる作用があり、普段と睡眠時間は変わらないのに、月経直前になると深い眠りにつくことができず、ウトウトとした浅い睡眠になってしまうのは、そのせいです。

月経随伴睡眠障害のチェックシート

【月経 (生理)の1週間から2週間前】

□ 日中眠くなることが多い
□ 寝つきが悪くなる
□ 熟眠できない

【月経前 (生理前)・月経中(生理中)】

□ めまいや吐き気がする
□ 月経痛 (生理痛)がひどい

月経随伴睡眠障害の改善方法

月経前になると、日中の眠気や不眠、イライラなどの不調を感じる女性もたくさんいます。
ただし、月経随伴睡眠障害による不眠は、一時的なものであるため、通常であれば月経開始から2,3日後には、症状が落ち着き、普段どおりの睡眠がとれるようになります。
精神的なリラックスを心がけて、うまく乗り切ってゆくことがポイントです。

 

チェック3:更年期随伴睡眠障害

更年期随伴睡眠障害とは、性成熟期から生殖不能期へと移行する40代後半から50代前半の時期に現れる不眠症です。
卵胞から分泌される女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が著しく減少することで、ホットフラッシュや発汗、イライラ、抑うつなどの症状と共に、入眠障害や途中覚醒といった睡眠障害も高い頻度で現れるようになります。現代では、男性のあいだでも、女性の更年期障害と同じ症状が現れる方も増えており、社会問題となっています。

更年期随伴睡眠障害チェックシート

□ 突然、顔がほてる感じがある
□ 若いころよりも、汗かきになった
□ 若いころに比べて、寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めるようになった
□ 下半身は冷えているのに、上半身はほてる

更年期随伴睡眠障害の改善方法

更年期障害によって起こる不眠の症状は、一時的なものですので、永遠に続くわけではありません。
けれど、症状がひどい、なかなか更年期障害の症状が落ち着かないなどの場合は、あまりガマンせず、女性は婦人科、男性は男性専門の男性更年期専門外来や心療内科、もしくは、信頼できるかかりつけの内科医に相談することをお勧めします。

 

まとめ

今回は、「自分でできる睡眠障害セルフチェックとは?【前編】」の続き、後編をお送りさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
前編・後編にて、ご紹介している全ての睡眠障害セルフチェックシートを確認し、半分以上チェックが付いたチェックシートがある場合は、背景に別の病気が隠れているおそれがありますので、該当する病気の治療を行っている診療所を受診することをお勧めします。
もしも、前編・後編どちらのカテゴリーにおいても、チェックの数が半分に満たなかった場合は、生活習慣や睡眠に対する意識の問題が原因である可能性があります。
すずらん鍼灸院では、ストレスや生活習慣などが原因で起こる自律神経の乱れなどによって、不眠に悩んでいる方から、よく相談をいただいております。なかなか不眠の症状が改善されず、困っているという方は、ぜひ当院まで足をお運びください。

 

参考書籍:「どんな不眠も治る安眠ガイド」より「自分の眠りの質がズバリわかる「睡眠障害セルフチェック」のすすめ」

著者名 :東北公済病院医師・千葉真美<監修>、心療内科医・もりしたクリニック医院長森下克也