ストレスや緊張などによって、自律神経が乱れてしまうと、

  • なかなか寝付けない
  • 眠りが浅く途中で目が覚めてしまう
  • ぐっすり眠ったはずなのに眠ったという満足感が得られない

などの睡眠トラブルが起こりやすくなります。

そんなときは、アメリカ・NYで話題となっている脱力ヨガに挑戦してみませんか? 

 

脱力ヨガとは?

脱力ヨガとは、ココロとカラダをリラックスモードへと切り替えてくれる「リストラティブヨガ」のことです。

リストラティブヨガとは、1990年代にアメリカの理学療法士でありアイアンガーヨガの正式認定指導者のジュディス・ラサター氏によって考案されたヨガです。

ヨガといえば、エネルギッシュでダイナミックなポーズをとって、ココロとカラダのバランスを整えるイメージが強いですが、リストラティブヨガは、精神・ココロ・カラダをバランスの取れた本来の状態へと戻すことを目的とする、とてもセラピー要素の高いヨガとなっています。

そのため、子どもから大人まで、誰でも簡単にチャレンジできるポーズが多く、ボルスター、ブランケット、クッションなどを使って、カラダを優しくサポートし、横になったときに全身からスーッと力が抜けてゆき、ゆったりとした質の高いリラックス状態を作り出すことができます。

 

脱力ヨガの魅力とは?

脱力ヨガ最大の特徴は、一般的なヨガと違い、道具を使うことで眠れないほどデリケートな状態の方でも、無理なくポーズに取り組むことができることです。

脱力ヨガは、ココロとカラダに深い休息を与えることで、筋肉が伸ばされ、心拍数と血圧も緩やかに降下し、神経系を落ち着かせることができる、とてもテラピー要素の高いヨガです。

ココロとカラダが深くリラックスした状態のなかで、ボルスターやクッションなどの道具を使い、姿勢を支えることで、内臓や脳の緊張が解きほぐされ、心拍数や血圧、血糖値などが下がり、副交感神経を優位にさせることで、徐々に交感神経の高まりが落ち着き始め、自律神経の乱れを整えることができます。

特に、生活習慣や食生活を改善したり、アロマテラピーや適度な運動をしても、なかなか眠れないほどデリケートな状態の方にとって、ゆったりと時間をかけて行う脱力ヨガは、とっても頼りになる存在となることでしょう。

 

今日から始めてみよう!

「脱力ヨガ」こと、リストラティブヨガは、年齢や性別、ヨガの経験の有無などを問わず、誰でも簡単に始めることができるセラピー要素の高いヨガです。

また、妊婦さん、シニア世代、術後のリハビリ、更年期障害や慢性的な腰痛などの痛みにお悩みの方でも、安心して取り組むことができるヨガです。

けれど、脱力ヨガによる睡眠トラブルへの効果には個人差があります。

スズラン鍼灸院では、自律神経の乱れによる睡眠トラブルでお悩みの方のご相談もいただいています。

もし、脱力ヨガだけでは、睡眠トラブルが改善されないとお悩みの方は、ぜひ当医院まで足をお運びください。

 

参考書籍:決定版 自律神経ケアで不調を解決!

著者名 :日経ヘルス