坐骨神経痛の症状について

坐骨神経痛の症状について、解説致します。

坐骨神経についてでも解説したように、坐骨神経は、
身体の下半身に行き渡っている、太く長い神経です。

坐骨神経痛を患うと、その異常は、下半身のどこにでも生じる可能性があります。

そのため、腰の病なのか、足の痛みなのか、単なる膝関節の痛みなのかがわからず、
同時に複数箇所に渡って、 異常を生じることもあります。

このような背景から、坐骨神経痛の発見を見逃すこともあり、
施術が遅れがちになってしまうのです。
又、坐骨神経痛の初期症状も実に様々です。

徐々に痛みや痺れがひどくなっていくケースもあれば、
ある日、前ぶれもなく、痛みや痺れを生じ、歩行障害を引き起こしたり、
座ることすらも出来なくなる急性の症状もあります。

このように坐骨神経痛の症状は、違和感があるだけの軽症のものから、
激痛を生じる重度の症状まであります。

坐骨神経痛の主な症例

全ての坐骨神経痛の症状を紹介するのは難しいですが、代表的な症状を次に紹介します。
ここでは、重度、中程度、軽度の症状に分けて説明しておきます。

重度の症状

  • じっとしている状態でも、ひどい痛みを感じる
  • 体を少し動かしただけでも激痛が走る
  • 夜、眠れない程の痛みやしびれがある
  • 歩いたり、座ることもきつい

中程度の症状

  • 歩いたり、座ったりすることははできるが、ある特定の動作ができない。
  • 普通にしているときは平気だが、ある一定の動作を維持するとひどい痛みを生じる
  • 体を動かすと痛みやしびれが悪化する

軽度の症状

  • じっとしていると足やお尻などに痺れがあることに気づく
  • 足や腰にわずかな不快感や違和感がある。
  • 日常生活は問題ないが、特定の動作をすると軽い痛みを感じる
  • 時折、軽い痛みや痺れを感じることがある

坐骨神経痛は、腰痛とは違い、神経系統の異常です。

悪化すると深刻な問題にまで大きくなることがあり、
下半身麻痺、歩行障害を生じる恐れもあるので、油断出来ない症状でもあります。
特に高齢の方は、年齢によるものと錯覚することがあります。

打撲、捻挫、筋肉痛ではないのに、先程説明したような症状が何日も続き、
いつもと違う症状が現れた場合には、 早めに専門医による診断を行うことをお勧めしています。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら