腰痛の様々な症状について

腰痛の原因は実に様々です。
その原因の数に比例して腰痛の症状も数多くあります。

全ての腰痛の症状をここで取り上げることはできませんが、
一般的に知られている症状に絞って、紹介したいと思います。

急性腰痛症

一般的に、「ぎっくり腰」と呼ばれる症状です。
最初にギクっとする痛みを生じますが、身体を動かすことは出来ます。

しかし、放置しておくと身体が動かなくなる恐れがあるので、早期の診断をお勧めしています。

慢性腰痛症(腰痛症)

激しい痛みというより、鈍い腰の痛みが長期に渡って続く状態を言います。

特に長時間、同じ姿勢を保つことで痛みが増し、
また、寒い日や梅雨時の湿気の多い日に痛みがひどくなりがちです。

椎間板ヘルニア

腰の中央部には、腰椎(ようつい)と呼ばれる、脊髄の一部が存在します。
腰椎は全部で5つ存在し、腰椎と腰椎の間に椎間板があります。

椎間板は、いわゆるクッションの役割を果たしていますが、この椎間板が
腰椎からはみ出した状態を椎間板ヘルニアと呼んでいます。

椎間板ヘルニアの症状が軽度であれば、足のしびれなどが発生しますが、
悪化した場合、足が動かなくなったり、排尿が難しくなったりといった
下半身障害をひき起こすことがあるので注意が必要です。

変形性腰痛症

加齢が進むと、脊髄や椎間板が次第に衰えていきます。
その都度、椎間板が痛み、骨が歪んできて、痛みを生じる
ことがあります。このような症状を変形性腰痛症と呼びます。

加齢に伴う変形の度合いも様々ですが、痛みの程度も人によってまったく違います。

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、
腰椎にある脊柱管が何らかの原因で狭くなり、神経が圧迫される症状を言います。

神経が圧迫されることで、腰痛や足の痛み、しびれを引き起こすようになります。

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、腰や足の痛みやしびれからくる
歩行障害で、高齢者に多く発症する傾向にあります。

また、腰を反らすと痛みがひどくなり、前かがみになると楽になるのが大きな特徴です。

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは上下の腰椎がずれてしまい、慢性的な歪みにより、
痛みが生じている症状を言います。

初期症状は、ぎっくり腰のような急激な痛みはなく、「なんとなく
腰が重い」「腰に違和感がある」程度の症状です。

大きな痛みを伴わないので、そのまま放置する方も多いですが、
慢性的な腰痛に悪化する恐れがあります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、加齢とともに骨に小さな穴が多数発生し、骨の中が
スカスカになり、骨がもろくなる症状を言います。

骨粗しょう症は、自覚症状が現れにくく、発見するのがやっかいな病気です。

心筋梗塞や心臓病のように直接生命を脅かすものでは
ないですが、痛みのないまま骨が潰れることもあります。

また、骨粗しょう症にかかると、骨の変形や痛み、骨折を引き起こしやすくなります。

骨粗しょう症は、X線検査によって骨の量を量ることで、
ごく短時間で調べることがで出来ます。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら