予防鍼灸について

鍼治療は、整体やマッサージと同じようなものとお考えの方も多いかと思います。
整体院は、資格が無くても開院することができます。
しかし、鍼灸院は、国家資格を取得していないと開院することはできません。

そして、WHO(世界保健機関)では、数多くある疾患の治療において、
鍼灸が有効であることを公式に発表されています。

鍼治療は、筋肉痛や関節痛、腰痛、肩こりなどの治療が中心と思われがちですが、
不妊や更年期障害、生理不順などの女性疾患や自律神経失調症、睡眠障害、
リウマチ、花粉などのように、特に西洋医学の分野が苦手とする慢性疾患に効果を発揮します。

慢性疾患の悩みで何年も医者に通って治らなかった病気が、
一回の鍼灸治療を受けただけで治ったという事例も数多くあります。

このように鍼灸は、効果の大きい治療法でもあり、
世界の公的機関からもその効果が認められているにも関わらず、
日本では過小評価されております。

よく誤解されることに「鍼は太くて痛いものだ」「灸は熱い」 という言葉を耳にします。

しかし、実際には、鍼はとても小さなもので、髪の毛程の細さです。
1~3ミリ程度しか刺入しないので痛みはあまり感じません。
灸も想像されているような熱さではなく、むしろ心地よさを感じる方が多いです。
鍼灸治療の途中に寝入ってしまう方が多いのは自律神経が整い始める証拠です。
身体の基本は自律神経です。整うことにより免疫力向上、
ホルモンバランスの調整自然治癒力の向上など体質改善につながりますので、
健康上お悩みの方は鍼灸治療を受診してみて下さい。

予防医学と鍼灸治療について

今、医療費の高騰で、東洋医学の治療の需要が高まっています。

確かに鍼灸治療は保険適用外のため、
1回あたりの治療費は西洋医学と比べて高いですが、
医師に長くかかるより、鍼灸で病気にならない身体をつくることができれば、
その結果、医療費を安く抑えられることになります。

近年においては、海外で特に鍼灸治療の需要が高まっています。

鍼灸治療の本来の目的は病気にならない身体をつくることにあり、
病気になってから治療を行う西洋医学とは根本的に趣旨が違います。

医学が発達するにつれて、人間の寿命、特に日本人の寿命はとても長くなりました。

医学が発達したにも関わらず、新しい病名がどんどん増えていき、
病院通いがやめられない患者さんもとても増えてます。

しかも、西洋医学が苦手とする生活習慣病や慢性疾患の患者さんは増加しております。
このような背景から、国民の意識は「治療医学」から「予防医学」への関心が高まっているのです。

また、東洋医学には「未病治」という考えがあります。
この「未病治」は文字通り、「今は病気になっていないが、
病気に至る前に、病気を予防するという意味があります。

鍼灸治療は、東洋医学の代表的な治療法の一つであり、未病の治療を得意としています。
慢性疾患で悩まれている方がおりましたら、
一度は鍼灸治療をお受けになられることをお勧めします。

鍼灸適応症メニュー

症状を逆引きする


レディース鍼灸 更年期障害冷え症月経困難症生理痛産後ケア尿漏れ膀胱炎頻尿
スポーツ鍼灸

肩こり腰痛五十肩関節痛リウマチ顎関節症、寝ちがい、関節炎、腱鞘炎、ねんざ、むちうち

神経系鍼灸 坐骨神経痛肋間神経痛三叉神経痛など)、
頭痛めまい顔面神経マヒ不眠症脳卒中頚腕症候群
循環器系鍼灸 貧血高血圧低血圧、動脈硬化症
予防鍼灸 免疫力をつけることで体質改善を行います
消化器系 下痢便秘食欲不振胃炎、十二指腸潰瘍
呼吸器系 気管支喘息気管支炎風邪
その他 眼精疲労鼻炎花粉症肉体疲労のぼせアトピー性皮膚炎


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら