気管支喘息の原因

気管支喘息とは、通常、喘息(ぜんそく)という病名で呼ばれています。

酸素を吸った時、体内に入った酸素は気管支を通過します。

この酸素の通り道でもある気管支に細菌、アレルギーなどが
原因となって炎症を生じたり、腫れたりすることがあります。

その影響により、気管支が狭くなり、息苦しくなることから喘息を生じるようになります。

気管支喘息の症状

気管支喘息は、アトピー性と非アトピー性の二つに大別することができます。

アトピー性気管支喘息は、子どもに多く起こる喘息です。
これに対し、非アトピー性は、アトピー以外の原因で生じた喘息を示し、
成人した大人がかかりやすい症状です。

喘息はアレルギーにより生じると思われがちですが、
近年では、仕事の過労による体調不良やストレスが原因となって、
喘息を生じるケースが目立つようになりました。

又、喘息は風邪をひいた時、絨毯などの埃やダニ、
動物の毛、たばこの煙が原因となって生じることもあります。

疲労やストレスによる喘息は、生活習慣の改善が必要ですが、
埃やダニによる影響は生活環境を変えることにより改善されるようになります。

気管支喘息と鍼灸施術の効果

膀胱炎は、WHO(世界保健機関)から、
鍼灸適応症の一つとされており、その施術効果が公的に認められております。

東洋医学では、古来より、膀胱炎は「湿熱の邪」が膀胱に
入ることにより生じる身体の異常とされていました。

膀胱炎は、近年、生じた新しい病名でもなく、東洋医学では、
古来よりその施術法が確立されており、決して治りにくい病でもなかったのです。

当施術院では、特に膀胱炎が慢性化し、
他の施術院でなかなか治らなかった方が多く来院されております。

鍼灸施術の概念には、元もと身体の免疫力を高め、
病気にならない丈夫な身体を作ることを目的としております。
膀胱炎の原因は、細菌やウイルスによる感染が主な原因です。

ウイルスや細菌などに抵抗できる身体をつくり、
病気の原因そのものを根底からなくしていくことに鍼灸施術の真髄があります。

多くの患者さんがその効果に驚いておりますので、
長い間、膀胱炎に悩まされている方がおりましたら、
一度は鍼灸施術をお試しされることをお勧めしております。

便秘と鍼灸施術の効果

鍼灸施術が適応されるのは、先ほど説明した機能性(習慣性)便秘になります。
東洋医学にいては、機能性便秘を『秘結(ひけつ)』 と呼んでいます。

さらに『秘結(ひけつ)』は、「熱秘」「寒秘」「燥秘」
「気秘」の4つのタイプに分類しています。

一般的な機能性便秘の解決は、下剤を使いますが、
鍼灸施術においては、先ほどの4つのタイプ別、
あるいはオーダーメイドによる施術を行うことになります。

つまり、鍼灸施術は、患者さんの身体の状態にあわせて施術を行うことになります。

鍼灸施術は、自律神経の働きを正常な状態に取り戻し、
腸やすい臓などの内臓諸器官の働きを正常に整えることができます。

施術効果は、早い人であれば、1、2回の施術で現れます。
但し、便秘を長く患っている場合には、体質改善にも時間がかかるため、
ある程度の期間の通院は必要になります。

なお、便秘の施術においては、世界保健機関(WHO) からその効果が公式に認められております。

鍼灸適応症メニュー

症状を逆引きする


レディース鍼灸 更年期障害冷え症月経困難症生理痛産後ケア尿漏れ膀胱炎頻尿
スポーツ鍼灸

肩こり腰痛五十肩関節痛リウマチ顎関節症、寝ちがい、関節炎、腱鞘炎、ねんざ、むちうち

神経系鍼灸 坐骨神経痛肋間神経痛三叉神経痛など)、
頭痛めまい顔面神経マヒ不眠症脳卒中頚腕症候群
循環器系鍼灸 貧血高血圧低血圧、動脈硬化症
予防鍼灸 免疫力をつけることで体質改善を行います
消化器系 下痢便秘食欲不振胃炎、十二指腸潰瘍
呼吸器系 気管支喘息気管支炎風邪
その他 眼精疲労鼻炎花粉症肉体疲労のぼせアトピー性皮膚炎


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード