顔面神経痛の原因

顔面神経とは、顔面を動かす信号を脳へ伝達する神経のことを言います。

顔面神経麻痺(マヒ)とは、文字通り、顔面神経に障害が生じ、
顔の表情をコントロールできなくなる症状を言います。

顔面神経麻痺は、主に片側のみの顔面麻痺として表れます。
顔面神経麻痺は、原因が特定できる場合とできない場合があります。

原因が特定できるケースを「症候性顔面麻痺」と呼び、
原因が特定できないケースを「特発性顔面麻痺(ベル麻痺)」 と呼んでいます。

症候性顔面神経麻痺の原因としては、ストレス、
脳腫瘍や脳障害、脳出血、アレルギー、ウイルスなどがありますが、
このうち、脳や脳幹などの中枢神経の異常によるものを「中枢性顔面神経麻痺」 と呼びます。

顔面神経痛の症状

顔面神経麻痺の症状を具体的に説明すると次のとおりとなります。

中枢性顔面神経麻痺

  • 顔面だけでなく手足に痺れ、麻痺を生じやすい
  • 麻痺の症状はベル麻痺ほどひどくない
  • 顔面麻痺の症状は、眼や頬をある程度動かすことが出来る

特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)

  • 突然、前触れもなく、顔面の片側が動かなくなる
  • 顔面部の片側の硬直が主な症状
  • 麻痺の程度が、中枢性と比べて強い

専門医での顔面神経麻痺の診察は、最初に原因を特定することから始まります。
検査の結果、原因が特定できなかった場合には、ベル麻痺として判定されます。

顔面神経痛と鍼灸施術の効果

顔面神経麻痺は、鍼灸適応症の一つとして、
WHO(世界保健機関) から公式に効果が認められています。

顔面神経麻痺は、個人差、時期、症状の度合いにもよりますが、
鍼灸施術は、有効な施術方法の一つとなります。
顔面神経麻痺は、自律神経の異常といっても良い症状です。

鍼灸施術は、元来より自律神経の働きを活性化し、
免疫力を高めることに施術の趣旨があります。

顔面神経麻痺によって、自律神経の働きが弱まった、
あるいは停止した顔面の血流を改善し、再生することに施術の目的があります。

顔面神経痛における鍼灸施術は、麻痺した神経を回復させ、
さらに免疫力を高めることにより、再発を予防する効果もあります。

そして、早めに施術を受けることで、後々の後遺症を防止することが出来るようになります。
基本的に専門医での施術と並行して、鍼灸施術を行うことにより、
施術効果を高めることがで出来ます。

鍼灸適応症メニュー

症状を逆引きする


レディース鍼灸 更年期障害冷え症月経困難症生理痛産後ケア尿漏れ膀胱炎頻尿
スポーツ鍼灸

肩こり腰痛五十肩関節痛リウマチ顎関節症、寝ちがい、関節炎、腱鞘炎、ねんざ、むちうち

神経系鍼灸 坐骨神経痛肋間神経痛三叉神経痛など)、
頭痛めまい顔面神経マヒ不眠症脳卒中頚腕症候群
循環器系鍼灸 貧血高血圧低血圧、動脈硬化症
予防鍼灸 免疫力をつけることで体質改善を行います
消化器系 下痢便秘食欲不振胃炎、十二指腸潰瘍
呼吸器系 気管支喘息気管支炎風邪
その他 眼精疲労鼻炎花粉症肉体疲労のぼせアトピー性皮膚炎


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら