不妊症の原因・症状と鍼灸施術

不妊症の原因

不妊症とは、通常の性交渉を行っているにも関わらず、 2年間、
妊娠出来ない身体の状態を言います。

不妊症の原因は、女性の側に原因があると思われがちですが、
半数近くは、男性の側に問題があると言われています。

不妊は30代後半以降の問題でありましたが、 近年は、20代の若い
世代の夫婦にも急増していると言われています。

不妊の原因は様々ですが、一般的には ストレス、偏った食生活、
体や生殖器官の冷え、生活 習慣の乱れ、高齢などによる、「ホルモン
の乱れ」 や「生殖機能の低下」言われています。

不妊症の症状

不妊症とは、2年間子供が出来ない状態を言いますが、不妊症は
事前にチェックできないものでしょうか。

2年経ってから不妊症とわかるよりも、事前に不妊体質をチェック
できれば、早期に対策できる ことになります。

不妊症を確実にチェックできる方法は今のところ存在していませんが、
不妊症になりやすい体質・性格要因は確かにあるようです。

そこで不妊体質になりやすい女性の特徴を次に挙げてみました。

【不妊症になりやすい方の特徴】
■常に運動不足である
■慢性的な睡眠不足である (眠っても常に疲れがとれない状態)
■3食をきちん食べず、間食で済ませることが多い

■冷え体質である
■ダイエット食品や清涼飲料水を頻繁に摂取する
■タバコを吸う

■アルコールを過剰に摂取する
■取越苦労、持越苦労タイプ
■基礎体温がよく乱れる
■過去に子宮や卵巣などの疾患を患ったことがある

上記の項目は、確実なものではありませんが、 当てはまる項目が多い
場合には、不妊症に なりやすい体質といっても良いかと思います。

不妊症と鍼灸施術

日本ではあまり知られていませんが、 不妊症の施術においては、鍼灸は
世界保健機関(WHO
)において、その効果が公式に認められています。

西洋医学では、不妊症の施術は近年研究がさかんになり、つい最近、
現れた病気のように思われがちですが、東洋医学では、はるか古来より、
不妊症の施術方法が確立されていたのです。

そのため、鍼灸における不妊施術は、西洋医学よりも長い研究の歴史があります。

西洋医学における不妊施術でなかなか改善されない方がいましたら、
鍼灸施術をお勧めします。

鍼灸適応症メニュー

症状を逆引きする


レディース鍼灸 更年期障害冷え症月経困難症生理痛産後ケア尿漏れ膀胱炎頻尿
スポーツ鍼灸

肩こり腰痛五十肩関節痛リウマチ顎関節症、寝ちがい、関節炎、腱鞘炎、ねんざ、むちうち

神経系鍼灸 坐骨神経痛肋間神経痛三叉神経痛など)、
頭痛めまい顔面神経マヒ不眠症脳卒中頚腕症候群
循環器系鍼灸 貧血高血圧低血圧、動脈硬化症
予防鍼灸 免疫力をつけることで体質改善を行います
消化器系 下痢便秘食欲不振胃炎、十二指腸潰瘍
呼吸器系 気管支喘息気管支炎風邪
その他 眼精疲労鼻炎花粉症肉体疲労のぼせアトピー性皮膚炎


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら