産後尿漏れ(尿もれ)の原因

女性の尿漏れの悩みの中で最も多いのが、産後における尿漏れです。

尿漏れは、尿道を締める働きをもつ筋肉(骨盤底筋)が
緩くなることで、尿道の締まりが悪くなり、生じる症状です。

赤ちゃんが産道を通るために、出産時は骨盤底筋が緩くなります。
産後は、しばらく骨盤底筋が緩んだ状態となっているため、尿漏れが生じやすくなります。
そのため、笑ったり、くしゃみや咳をしただけで、尿が漏れてしまうことが起きるのです。

自分でできる産後尿漏れ対策【骨盤底筋体操】

産後の尿漏れは、緩んでしまった骨盤底筋を鍛えることで、
尿漏れを防止することができます。

但し、産後直後は、体内の臓器が傷付いているため、
少なくとも産後1ヶ月過ぎて、かつ医師の許可をとってから、
骨盤底筋を鍛える運動を行うことをお勧めしています。

ここで、自分でできる、産後の尿漏れ対策として有名な体操、「骨盤底筋体操」を紹介します。
骨盤底筋体操により、出産で弱まった骨盤底筋を鍛えることができます。
骨盤底筋の筋力をつけることで、尿道を締める力が備わり、尿漏れを防ぐことができます。

骨盤底筋体操のステップは次のとおりです。

骨盤底筋体操

ステップ1

まず、仰向けになり、両足を肩幅に開きます。
そして、膝を少し立てるようにします。

ステップ2

身体をリラックスさせ、肛門、膣、尿道を締め、約10秒数えます。

ステップ3

10秒経過したら締めていた肛門、膣、尿道を一旦緩め、30秒リラックスした後、再度締めます。
これを数回繰り返します。

ステップ4

次に肛門、膣、尿道を締める時間を少しずつ伸ばし、締める回数も徐々に増やしていきます。

ステップ5

慣れてきたら、「机に持たれた姿勢」「椅子に座った姿勢」など、色々なポーズで試してみます。


骨盤底筋体操の効果が現れるまでには、時間がかかります。
通常、身体の筋肉も日々のトレーニングの積み重ねによってつくられます。

それと同じように骨盤底筋も日々、体操を積み重ねることが大切な心掛けになります。
2~3ヶ月間、できれば毎日体操を続けることで
筋力が確実に備わっていきますので、継続して頑張ってみましょう。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード