尿漏れを施術できる病院・施術院

尿漏れが生じるようになると、くしゃみ、大笑い、力仕事、
階段の上り下りなどの身体に力を入れる動作が、大変気になるようになります。
特に症状がひどくなると、普通に歩いている時でさえ、尿が漏れることもあります。

誰にも言えず、一人で悩んでいる女性も多いようですが、
尿漏れは、女性の3,4人に1人は経験すると言われており、
多くの女性が悩んでいる症状でもあります。

ところで、「尿漏れはどこで施術したらいいの?」
と悩まれている女性もいるかと思います。
そこで、尿漏れを施術できる病院・医療施設について次に紹介しました。

尿漏れを施術できる主な医療施設

病院の泌尿器科

尿漏れ施術の専門科。小さな病院ではあまり存在しませんが、比較的大きな病院で受診出来ます。

婦人科

婦人科でも施術が可能。泌尿器科に抵抗がある女性が比較的多く受診されます。

鍼灸院

尿疾患はWHO(世界保健機関)で鍼灸適応症として認定されている疾患の一つです。

漢方医

東洋医学では、尿漏れの原因は腎虚(老化)であるとされ、
漢方には腎虚を改善させる力があるとされています。

薬による施術と東洋医学における施術の違い

特に老化による尿漏れ、または尿漏れが慢性化した場合は、
長い年月をかけて少しずつ体質が進行してきた結果の症状です。
そのため、尿漏れを完治させるためには、
それだけ期間がかかるものと通常は考えられています。

泌尿器科や婦人科による施術は、薬による施術が中心です。
これに対し、鍼灸、漢方医は東洋医学に分類され、
施術による副作用の可能性がぐんと少なくなります。

薬による施術は、症状を止めるという意味では、即効性がありますが、
根本的な体質改善を行うことは出来ません。
漢方や鍼灸は体質改善を目的とするため、
老化や慢性化した尿漏れには特に有効とされています。

出産による尿漏れは、老化とは別の症状に思われがちですが、
東洋医学においては、出産においても生命力(腎気)が低下するとされています。

腎気が衰えることも、臓器が老化する一つの現象とされており、
出産はそれだけ身体に大きなダメージを与えることにもなるのです。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら