尿漏れ(尿もれ)の原因

尿漏れ(尿もれ)とは、尿意がなくても自分の意志とは関係なく
尿が漏れてしまう症状のことを言います。

トイレ以外の場所で尿がもれてしまうため、生活面、衛生面での
困難を生じることが多く、尿漏れに悩まされている人が多いのが特徴です。

尿漏れは別名、尿失禁とも呼ばれており、男性よりも女性によく見られる症状です。
尿もれの原因は、男性、女性によって違いがあり、比較的高齢の方に現れる症状でしたが、近年では、若い世代にも発病するケースが増えています。

女性の尿漏れの原因

男性の尿漏れの原因の多くは、「前立腺」と深く関わっています。
これに対し、女性の尿漏れの原因は、「筋肉」に関わるものが多いです。

女性の尿もれの多くは、腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん)
によるものと言われています。

腹圧性尿失禁とは、出産・妊娠や加齢により、膀胱を支える筋肉が弱くなり、
「尿を出す」「尿を止める」という身体の機能が衰えることから生じる症状を言います。

そのため、「くしゃみ」「重いものを持ち上げる」「走る」などの
動作をとっただけでも、尿漏れを生じやすくなります。

又、女性は男性よりも尿道が短く、尿もれを起こしやすい身体の構造になっています。
その他、女性ホルモンの異常が原因となって、尿漏れを引き起こすケースもあります。

特に女性の場合は、出産後の身体のダメージにより、
尿漏れを起こしやすくなるため、女性の3人に1人は尿漏れを経験すると言われています。

自分でできる産後尿漏れ対策【骨盤底筋体操】

産後の尿漏れは、緩んでしまった骨盤底筋を鍛えることで、
尿漏れを防止することができます。

但し、産後直後は、体内の臓器が傷付いているため、
少なくとも産後1ヶ月過ぎて、かつ医師の許可をとってから、
骨盤底筋を鍛える運動を行うことをお勧めしています。

ここで、自分でできる、産後の尿漏れ対策として有名な体操、「骨盤底筋体操」を紹介します。
骨盤底筋体操により、出産で弱まった骨盤底筋を鍛えることができます。
骨盤底筋の筋力をつけることで、尿道を締める力が備わり、尿漏れを防ぐことができます。

骨盤底筋体操のステップは次のとおりです。

骨盤底筋体操

ステップ1

まず、仰向けになり、両足を肩幅に開きます。
そして、膝を少し立てるようにします。

ステップ2

身体をリラックスさせ、肛門、膣、尿道を締め、約10秒数えます。

ステップ3

10秒経過したら締めていた肛門、膣、尿道を一旦緩め、30秒リラックスした後、再度締めます。
これを数回繰り返します。

ステップ4

次に肛門、膣、尿道を締める時間を少しずつ伸ばし、締める回数も徐々に増やしていきます。

ステップ5

慣れてきたら、「机に持たれた姿勢」「椅子に座った姿勢」など、色々なポーズで試してみます。


骨盤底筋体操の効果が現れるまでには、時間がかかります。
通常、身体の筋肉も日々のトレーニングの積み重ねによってつくられます。

それと同じように骨盤底筋も日々、体操を積み重ねることが大切な心掛けになります。
2~3ヶ月間、できれば毎日体操を続けることで
筋力が確実に備わっていきますので、継続して頑張ってみましょう。

若い女性に増えている尿漏れ(尿もれ)

実は、尿漏れは、老化や出産後に生じるだけでなく、
最近では出産経験のない20代の若い女性にも増えています。

もし尿漏れについて、一人で悩んでいる若い女性がいましたら、
何も深刻に悩む必要はありません。

出産経験のない若い女性の間でも、尿漏れに悩む女性は増えているのです。
そのような背景から、尿漏れは女性にとっての「現代病」になりつつあるといっても良いでしょう。

妊娠しない女性に尿漏れが増えている理由

若い女性の尿漏れの施術は、
以前までは産後ケアの一環として行われるケースがほとんどでした。

女性の尿漏れの原因において、女性の多くの尿もれの原因は、
筋肉に関わるものであることを解説しました。

尿道を支える筋肉に「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉がありますが、
通常、出産するときには、赤ちゃんが産道を通るために「骨盤底筋」が緩んで、
赤ちゃんが生まれるようになります。

しかし、近年、出産時に緩むはずの「骨盤底筋」が、筋肉の機能が弱まったために、
普段の状態においても骨盤底筋が緩むケースが目立つようになりました。
骨盤底筋が緩む一番の原因は運動不足です。

運動不足により、尿道を支える骨盤底筋が弱まり、
尿道を締める役割を果たすことができず、尿漏れを生じるようになるのです。

若い女性の尿漏れ対策

若い女性の尿漏れの原因の多くは、尿道回りの筋肉、
「骨盤底筋」が緩んでいることから生じます。

ということは、骨盤底筋を鍛えることにより、尿漏れを防止することが出来ることになります。
骨盤底筋を鍛えることにより、若い女性の尿漏れの多くを防ぐことが出来ます。

骨盤底筋を鍛える方法として有名なのが「骨盤底筋訓練(体操)」
と呼ばれる体操です。

骨盤底筋体操には、尿道を締める筋肉を鍛える効果があります。
ただ、筋肉を鍛えるためには、1日、2日続けただけでは効果はありません。
日々、鍛え続けることで効果が現れます。
2~3ヶ月を目安に続けられることをお勧めしています。

尿漏れ(尿もれ)の鍼施術について

尿漏れの鍼灸施術においては、妊娠、出産後の女性の患者さんの割合が最も多いです。
尿漏れの検査・施術は、女性の立場からすると、とてもはずかしいものです。

例えば病院の泌尿器科へ施術にいくと、
尿関係の施術を行っていることがわかってしまいます。

通りすがりの近所の方などに、ばれてしまわないかと
かなりの抵抗を感じるのが一般的です。

これに対し、鍼灸施術の場合は、例え人に見られたとしても、
尿漏れの施術で通院しているとは誰も気づかないでしょう。

そのため、尿漏れの施術と行っていると思われる心配がないので、
堂々と施術を受けられるというメリットがあると言われています。

尿漏れ(尿もれ)の鍼灸効果について

尿漏れは、WHO(世界保健機関)で鍼灸適応症の一つとして世界的に認められています。
では、なぜ、鍼灸施術は、尿漏れに効果があると言われているのでしょうか。

東洋医学では、古来より、排尿に関する身体の異常は
水分循環に異常をきたす「水毒・水滞」によって生じるとされています。
そして、「水毒・水滞」が生じる原因として「腎」
機能の低下によるものとされています。

東洋医学における「腎」とは、西洋医学で言われる腎臓とは関係がなく、
「排尿、女性ホルモン、自律神経」などのバランスを整える機能の総称を示します。
つまり、鍼灸施術を行うことで、「腎」の機能を高め、
排尿のトラブルの原因を根底から施術していくという考えがあるのです。

又、身体のバランスや体質は、人によって様々です。

鍼灸施術は、婦人科や泌尿器科での一律的な施術とは異なり、
一人一人の体質に合ったオーダーメイドによる施術を行います。

鍼灸は免疫力を高め、自律神経を整える効果が期待出来るので、
免疫低下による尿漏れの再発防止に最も適した施術法でもあります。
一度、ダメージを受けた身体の臓器は、免疫力が低下し、
症状が慢性化する可能性が高いと言われています。

特に、「頻繁に尿漏れを再発する」「尿漏れが慢性化している」という女性には、一度は鍼灸施術をお試し頂くことをお勧めしています


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード