男性更年期障害とは

更年期障害は、女性特有の疾病と言われています。

更年期障害は、主に、閉経前の40~55才の年齢に生じやすく、
その原因は、ホルモン分泌の急激な減少、あるいは生殖機能の急激な低下と言われています。

ただ、更年期障害は、女性だけに生じる疾病ではなく、実は、男性にも起きることがあります。
そこで、男性に起こる更年期障害を、「男性更年期障害」と呼ばれるようになったのです。

男性更年期障害の原因について

男性の更年期障害は、あまり知られておりません。

男性は、女性のように急激にホルモン機能が低下するのとは違い、
50歳を越えたあたりからゆるやかに低下するのが一般的です。
男性更年期障害は、40代から生じる傾向があり、その多くは50代です。

男性ホルモンは緩やかに減少するので、なかなかその初期症状に
気づくことが少なく、単なる疲れと思う方がほとんどなので、注意する必要があります。

男性更年期障害の主な原因は、
男性ホルモンであるところの「テストステロン」の低下によるものです。

更年期障害の症状と施術について

男性更年期障害は、女性のケースと同様に、自律神経の働きが低下しやすくなります。

そのため、だるさ、疲れ、疲労感、いらいら、慢性頭痛、
慢性腰痛などが同時に発症するようになります。

今の症状が更年期障害かどうかわからない場合には、
「原因が特定できない疲労感」や「不定愁訴」のような症状が
長く続いているかどうかが一つの目安になります。

又、女性の更年期要害と微妙に異なるのは、女性は身体に影響が
出やすいのに対し、男性は身体よりも精神状態に現れやすい傾向があります。

他にも血液検査により、男性ホルモンであるテストステロンの濃度を検査して
更年期障害かどうかを調べる方法があります。

更年期障害の一般的な施術には、女性の婦人科での施術と同様に
ホルモン充填療法により、男性ホルモン(テストステロン)を一定期間、投与することになります。


女性の更年期障害の施術は、初めに婦人科を受診することが一般的ですが、
男性の場合は、「男性科」のような専門医がありません。
今後、男性更年期障害を施術できる専門施設ができる可能性は十分考えられると思われます。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード