肩こりの種類

肩こりの原因は、主に3つの要因があることを説明しました。

参考記事 → 肩こりの原因

原因が異なるということは、当然、肩こりの症状にもいくつかの種類があることになります。
そのため、肩こりの痛みを訴える具体的な場所も、症状や原因によって、微妙に違いがあります。

施術の際に、実際に痛い部位を探したところ、背中の中心を
訴える方もいれば、首の後ろや、どちらか一方の肩の痛みを訴えるなど、実に様々です。

全ての肩こりのタイプを説明することはできないですが、
ここでは、代表的な肩こりのタイプに絞って説明致します。

血行不良型

その名の通り、血行が悪くなることで生じる肩こりを言います。

肩こりの中で、最もポピュラーなタイプで、長時間、
同じ姿勢や悪い姿勢を維持することにより生じます。

血行不良型をさらに分類すると次の通りになります

  • 背中から肩にかけての肩こり
  • 腕から肩にかけての肩こり
  • 首から肩にかけての肩こり

これらの肩こりは、血行が悪くなることにより、筋肉が固くなって、凝りが生じている症状です。
これらの症例は、筋肉をほぐし、血行を良くすることで症状が緩和されます。

ストレス型

肩こりの原因は、運動不足や姿勢の悪さが原因とされて
いましたが、近年、ストレスによる肩こりが急増していることがある調査で明らかになりました。

ストレス型は、感情の抑圧により自律神経に異常をきたし、
血行が悪くなることで肩こりが生じます。

最近は、職場で上司に怒られたり、失恋のショックなどでも
肩こりや頭痛を生じる方が増えています。
『肩こりは心を写す鏡なり』という言葉が冗談ではすまされない社会になりつつあるのです。

臓器トラブル型

通常、肩こりの施術を行うことで、痛みが和らぐものです。

しかし、長い間、施術を繰り返しても痛みが緩和されない場合は、
胃、心臓などの内臓器官に異常を生じているケースがあります。

内臓に疾患がある場合、内臓のどの部分に異常が発病したかによって、
肩の凝る部位も微妙に変わってきます。

例えば、身体の左側に位置する心臓や胃に異常があった場合は、
左の肩に凝りを生じます。

身体の右側に位置する腎臓に異常がある場合は、右肩に凝りを生じます。
左右の臓器の両方に異常があった場合は、両肩に凝りを生じます。

このように、内臓の異常が原因となって生じた肩こりは、
凝りが生じた場所から、どの臓器が問題となっているかをある程度、特定することができます。

内臓の異常による肩こりは、いくら肩こりの施術をしても、
内臓疾患を施術しない限り、症状が緩和されることはありません。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード