間質性膀胱炎を診察できる施術機関

間質性膀胱炎は、膀胱炎と呼ばれる疾患の中で原因が
特定できないタイプの疾患
をいいます。

そのため、間質性膀胱炎を確実に施術する方法は
西洋医学においては、今のところ確立されていないという
現実があります。

ウイルスや細菌などによる膀胱炎であれば抗生物質などの
薬物投与によって多くの症状が改善されますが、間質性
膀胱炎は 抗生物による効果が基本的に期待できない
のです。

このように、間質性膀胱炎の施術においては深刻な背景がありますが、
取り急ぎ、この病気を患った人は、「一刻も早く治したい」と藁(わら)を
もつかむ気持ちで、医療機関に通うことになります。

間質性膀胱炎を診察できる主な施術機関は、
以下のとおりです。

【西洋医学】
  • 内科
  • 婦人科
  • 泌尿器科
【東洋医学】
  • 漢方医(漢方薬)
  • 鍼灸

一般的には、間質性膀胱炎の施術においては、病院の婦人科や
泌尿器科を初診として選択するケースが多いです。

一般医における間質性膀胱炎の施術方法

間質性膀胱炎は原因不明でやっかいな疾患として分類されて
いますが、まったく施術方法がないわけではありません。

確かに、間質性膀胱炎は完治が難しいと言われますが、
症状を緩和したり、一定期間改善する施術法は、ある程度
確立
されております。

そこで、一般医における間質性膀胱炎の施術方法を
以下に紹介します。

■膀胱水圧拡張術
間質性膀胱炎の施術で行われる最も一般的な施術法。
生理食塩水で膀胱を拡張します。
全身、あるいは脊椎麻酔が必要になります。

■内服療法薬
薬を使った療法。抗鬱剤、抗ヒスタリン剤、ステロイド剤などがあります。

■膀胱内注入療法
へパリンを生理食塩罪に混ぜて、膀胱内に入れて施術する方法

■電気療法
電気で刺激して施術する方法。
他の療法と並行して 行われることが多いです。

■ボツリヌス毒素膀胱壁内注入
ボツリヌス毒素を膀胱壁に入れて施術します。
上記の施術は、身体の状態や症状によって選択され、
複数の施術法が 選択されることもあります。


これらの施術法を施すことで、間質性膀胱炎の症状が改善する
ようになります。

しかし、これらの施術法は、時期、症状が改善されるものの、
時間が経つと間質性膀胱炎の症状が再発することが多いため、
根本的な解決にならないのが現状です。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら