間質性膀胱炎の原因

間質性膀胱炎は、先ほど説明したように原因不明の疾患です。

医療先進国のアメリカにおいても、数多くの間質性膀胱炎の研究が行われておりますが、未だ、その原因がわからない状態です。

過活動膀胱炎、神経性膀胱炎、細菌性膀胱炎などのように
原因が特定できていれば、薬による処方で症状を和らげる
ことができるのですが、間質性膀胱炎は、薬による処方が
できない
状況にあります。

つまり、専門医においても間接性膀胱炎の施術法が確立されて
いないため、間質性膀胱炎を解決する方法がなく、多くの
お客様が悩まれているのです。

間質性膀胱炎を患っている方の人数は、過活動膀胱炎と
比較してはるかに少ないものの、日本には二十数万人いると言われています。

そして、 間質性膀胱炎の方の大多数が女性 です。

又、間質性膀胱炎は、刺激性の強いアルコール、コーヒー、
酸性食品の摂取による悪影響を受けやすいことで知られています。

そのため、酸性食品を摂取する機会が多い現代では、 間質性膀胱を
放置すると悪化する可能性が高いのです。

このように間質性膀胱炎は、施術が確立されてなく、環境面においても
放置すると悪化しやすいため、 施術も長期化する傾向にあります。

間質性膀胱炎の症状

間質性膀胱炎とは、「頻繁にトイレに行く(頻尿)」 「突然、尿意を生じ、我慢できない(尿意切迫感)」 「残尿感がある」「膀胱の痛み」などの症状を生じ、 かつ、特定の原因がわからない症状を言います。

一般的には、過活動膀胱、神経性膀胱、細菌性膀胱炎などのいずれの疾患にも該当せず、原因がわからない場合に「間質性膀胱炎」に当てはめているようです。

症状だけを見ると、 間接性膀胱炎は、特に過活動膀胱と大変
良く似た症状
です。

そして、間質性膀胱炎は尿自体に異常が 発生するわけでもなく、
薬による施術効果が現れないことも特徴の一つです。

「膀胱に痛みを生じることが多い」ことも間質性膀胱炎の
特徴の一つとなっています。

このため、医療機関における検査においては、膀胱に痛みが
ある場合は、 間質性膀胱炎を強く疑うようになります。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら