東洋医学における間質性膀胱炎の概念

膀胱炎は、細菌の感染や膀胱の機能障害以外にも様々な原因があります。
膀胱炎の中でも特に間質性膀胱炎は、原因不明の疾患として知られています。

間質性膀胱炎は、近年、その病名が命名されたばかりで、西洋医学では研究の歴史が短く、施術方法が未だ確立されていないのです。

そのため、西洋医学においては、間質性膀胱炎は とてもやっかいな
疾患
として位置づけられているのです。

では、東洋医学ではどうでしょうか。
実は、東洋医学では、「淋証(りんしょう)」という概念が あります。

淋証とは、腎・膀胱経の異常とされていますが、西洋医学では
排尿障害に相当し、過活動膀胱や間質性膀胱なども淋証に
含まれております。

東洋医学では、膀胱は「州都の官」と言われ、全ての「水液」が
貯まる場所とされてきました。

この水液に外部から湿熱と呼ばれる邪気や内熱がたまると、
膀胱の機能が低下し、膀胱の様々な異常、すなわち淋証を生じると
されております。

そして東洋医学は、この淋証に対する施術法を古来より
確立されていたのです。

このように、西洋医学において、やっかい者扱いされている疾患でも、
東洋医学では、すでにその施術法が古来より確立されている事例が
数多く存在
しているのです。

間質性膀胱炎の鍼灸効果

日本では、あまり知られておりませんが、間質性膀胱炎は、世界保健機関(WHO)における鍼灸適応症として、鍼施術の効果が公式に認められています。

当院には間質性膀胱炎の症状に悩んで、鍼灸施術を受診される女性が増えてきています。

鍼灸施術をお受診されて、 「一度の施術で症状が緩和した」
「どの病院に行ってだめだったのに、びっくりしました」 などの
喜びの声も多数頂いています。

もちろん、お客様の体質、病気の進行状況などにより、
一度の鍼灸施術で効果が現れる方もいれば、複数回の施術で
効果が現れるなど、効き方は様々です。

鍼灸施術は、西洋医学の一律的な施術とは根本的に異なり、
お客様の身体の状態に合わせ、オーダーメイドによる施術を行います。

間質性膀胱炎に長い間悩まれている方、 「もしや、間質性膀胱炎では?」
と思われている方が おりましたら、一度は鍼灸施術をお試しされることを
お勧めしております。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら