間質性膀胱炎の改善の前に知っておくべきこと

間質性膀胱炎は原因不明の膀胱炎であり、施術方法が
確立されていない疾患です。


一般医による施術においても、あくまで症状の緩和が
目的であり、 時間が経つと再発する可能性が高い
ことで知られています。

参考 間質性膀胱炎の施術

そのため、間質性膀胱炎を完治、あるいは再発を 防止
するには、施術機関だけに頼るのではなく、施術を
行っているご本人においても、改善する力がやはり
必要
になります。

そこで、自宅でできる間質性膀胱炎の改善法について 解説致します。

自分で行う間質性膀胱炎の改善方法

間質性膀胱炎は膀胱の疾患ですが、膀胱に異常が生じる
根本的な理由があります。

これらの原因を改善しない限り、間質性膀胱炎はいつまで
たっても治らないケースもあります。

間質性膀胱炎の原因として、「ストレスなどのメンタル面」
「悪い生活習慣(運動不足・偏った食生活など)の問題」
「加齢による身体機能の劣化」などがあります。

これらの原因と対策について、いかに簡単にまとめてみました。

【生活習慣の改善】
■食事
食事については、刺激性の強いもの、酸性食品、カフェインなどが
悪影響を与えると言われています。

これらの食品の摂取量を 控えることが望ましいといえます。

酸性の食べ物 : フルーツ、緑茶、清涼飲料、ワイン、酢など。
カフェイン : コーヒー、ココア、コーラなど
刺激性の強い食べもの : カレー、トウガラシ、わさび、キムチ、塩辛など


■運動
運動は激しい運動より、血流改善の効果が高い有酸素運動を
日々取り入れることがお勧めしております。

血流を改善することで、免疫力が高まり、諸器官の機能に
よい影響を与えます。

有酸素運動:エアロビクス、 サイクリング、ウォーキング、ジョギング、
ストレッチ、 ヨガ、水泳など。


【ストレスの緩和】
現代はストレス社会です。自分で気づいていなくてもストレスが
たまっていることも多いのが現状です。

バイオリンの弦も適度な強さで固定されていればこそ、
よい音色で演奏できますが、締めすぎると弦は切れてしまいます。

また、演奏しないときは、弦を痛めないように緩めておきますね。
人間の身体も同じようなものです。時折、意図的にリラックスできる
時間をとる
ことが、生活の質を高めることになります。

緊張を和らげる方法 : クラシック、アロマ、腹式呼吸、足湯・半身浴など

【加齢による身体機能の劣化の防止】
加齢により、身体の筋肉だけでなく、
諸器官の機能は どうしても低下していきます。

ただ、意図して諸器官の機能を若返らせ、健康な状態を維持する
工夫を行うことで、筋肉や膀胱の機能を高めることが可能になります。

食事は、先ほど説明したものを避け、海藻類、玄米、大豆などを
摂取するとよいでしょう。

また、鍼灸や漢方などは、身体の諸器官の機能の低下を
正常に戻す効果が大きい
です。

その他、膀胱付近の筋肉を強める骨盤底筋体操などもお勧めです。

参考:: 骨盤底筋体操



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら