過活動膀胱(頻尿)のタイプ

過活動膀胱には、いくつかのパターンがあります。
昼夜を問わず一日中、頻繁に尿意を生じる方もいれば、
夜間に何度も尿意を生じる方もいます。

これとは反対に、夜間は問題なくても昼間に何度も
尿意を感じる方もいます。

過活動膀胱のパターンを時間帯ベースで分類すると、次のように
分けることができます。

過活動膀胱のタイプ(時間帯における分類)

夜間頻尿

昼間の排尿の回数は正常だが、夜の睡眠時に何度も尿意を生じる症状をいいます。
眠ってから起床するまでに、2回以上の排尿が目安となります。

昼間頻尿

夜間頻尿とは反対で、夜間は正常でも、昼間に尿意を頻繁に生じる症状をいいます。
昼間に8回以上の排尿がある場合がこれに当たります。

夜間頻尿+昼間頻尿

夜間と昼間の時間帯ともに、通常以上に排尿を行う症状をいいます。
さらに心身的な要因で分類するわけ方もあります。

過活動膀胱のタイプ(心身的要因による分類)

心因性過活動膀胱

ストレス、自律神経の乱れが原因となって生じる過活動膀胱

神経性過活動膀胱

糖尿病や神経障害などにより、膀胱神経が器質的な障害を受けたことによる過活動膀胱症状

このように、精神的なトラブルが原因となって過活動膀胱を生じているケースと、
身体の諸器官の異常が原因となって過活動膀胱を生じるケースがあります。

過活動膀胱の具体的な症状

ここでは、過活動膀胱の具体的な症状について、説明したいと思います。
これまでは、過活動膀胱の症状として、排尿の回数を中心に解説してきました。

実は、過活動膀胱の症状は、排尿の回数だけが問題となるわけではありません。
過活動膀胱には、排尿の回数以外にもいくつかの症状があります。
そこで、過活動膀胱の代表的な症状として、次に述べてみました。

過活動膀胱の代表的な症状

1回当たりの排尿量が少ない

正常な健康状態であれば、1回当たりの平均排尿量は200~250mlです。
「平均排尿量より少ない」、あるいは「以前よりも明らかに排尿量が少なくなった」場合には、
過活動膀胱の可能性が高いです。

※平均排尿量には個人差があるので、あくまで目安となります。

残尿感

過活動膀胱の代表的な症状の一つ。尿が全て放出されずに膀胱に
残るため、必然的に排尿の回数が増えてしまいます。

痛みがある

大別すると、膀胱に尿が溜まっているときに生じる痛みと、
排尿時に生じる痛みの2種類があります。
尿が溜まったときに感じる痛みは、
尿道以外に、膣や骨盤、腰、下腹部にも痛みを生じることがあります。

排尿の回数が極端に増える

これまで、解説したとおり、排尿の回数が極端に増える症状を示します。


過活動膀胱は、年を重ねる毎に生じやすくなる傾向があります。
従来、過活動膀胱は、「高齢の世代に多い症状」と言われていましたが、
近年では、若い世代における、過活動膀胱の発症も目立つようになりました。

過活動膀胱は、ある意味現代病ともいえる病気を言っても過言ではないしょう。
過活動膀胱には、痛みを感じるときと感じない時があります。
脳梗塞や心臓病などが原因となって、過活動膀胱を生じている可能性があるので注意が必要です。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら