女性に冷え症が多い理由

ところで、なぜ冷え症は、女性によく現れる症状なのでしょうか。
女性の場合、妊娠や出産、閉経などによって、ホルモンバランスが不安定になりがちです。

ホルモンバランスは、自律神経とも深く関わっており、ホルモンバランスが
乱れることにより、自律神経にも乱れが生じてきます。

自律神経は、血管の収縮や拡張の調節を行っております。
自律神経が乱れてくると、血管が細くなって血液の流れが悪くなり、
十分な血液が末梢まで行き渡らなくなります。

血液には、酸素や栄養などのエネルギーが含まれており、血管を通して、
身体の隅々まで、エネルギーを運んでくれます。

従って、血管が細くなることで、身体の末端まで、エネルギーが
運ばれにくくなり、冷えが生じるということなんですね。


様々な不調の原因に冷え症がある

人間の身体の体温には、一定のリズムがあります。
人間の正常な体温は、朝起きたときに36度、夕方の高いときには36.5度と言われております。

しかし、近年、平均体温よりも低い人が大変増えています。

最近の研究では、平均体温が下がると、免疫力が弱まり、病気を起こしやすくなるという報告がなされ、それに関する書籍もずいぶん増えました。

また、冷え体質は、免疫力が弱まるだけでなく、不妊症や生理不順、
更年期障害などの症状とも深く関わっております。
女性にとっては、「冷え症体質」は大敵でもあります。

冷え症に対しての正しい知識を持ち、将来の病気に備えるということも、
幸福な健康生活を送る第一歩であります。
だからこそ、「単なる冷え症」と軽く考えず、日常から、身体を冷やさないようにする工夫が必要です。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード