冷え性(冷え症)の代表的な症状

冷え性と冷えの違いでも説明したように、「冷え性」が悪化した症状を「冷え症」と呼んでおります。

冷え症は、自律神経系の異常を生じ、手足や腰の冷えだけでなく、
身体に様々な異常(不定愁訴)を生じます。

冷え症の様々な症状(不定愁訴)

  • 慢性頭痛(偏頭痛)持ち
  • 手足が冷たい
  • めまいを生じやすい
  • 腰痛、肩こりがひどい
  • 貧血
  • 下痢、または便秘が続く
  • 肌荒れがひどくなった
  • じんましんがひどい
  • 生理痛が以前より辛くなった
  • 身体がだるく、疲れやすい
  • 風邪をひきやすくなった
  • 夜、眠れない
  • 朝、起きるのがつらい
  • しびれがある

これらの症状は、別名、不定愁訴(ふていしゅうそ)とも呼ばれています。
不定愁訴とは、

「なんとなく、だるい」
「なんとなく、腰が思い」
「いつも、疲れやすい体質のようだ」

など、「なんとなく」「~のようだ」というようなあいまいな表現で現されるように、
いったい身体のどこが悪いのか、 定まることのない症状を言います。

これらの症状は、体内を流れる血液循環の乱れ、
すなわち、自律神経の乱れによるものと考えられています。

冷えと不妊体質の密接な関係

「冷え性(冷え症)は不妊の原因の一つである」
不妊に悩んでいる女性は、一度は耳にしたことがあるかと思います。

「冷え症」は、自律神経系の乱れにより生じます。

自律神経が乱れると、女性ホルモンのバランスが
乱れるようになり、卵巣機能の低下・障害を生じやすくなります。

また、先程説明したように、血液は新鮮な酸素や栄養素を
身体の隅々まで運ぶ役割をします。

そして、血液の流れが悪くなると、自律神経の乱れは
「基礎代謝の低下」や「免疫力の低下」などの悪影響を及ぼすことになるのです。
又、基礎代謝の低下は、基礎体温にも影響してきます。

基礎代謝が悪いと、理想的な基礎体温を描きにくくなり、
妊娠には適さない体質になってしまうのです。

冷え症は、妊娠にとって欠かすことのできない卵巣機能
や基礎体温にも悪い影響を及ぼします。

冷え症体質を改善することによって、不妊を克服できるということはこういった理由によるのです。
このように、不妊と冷え症は、きっても切れない関係です。

専門医による不妊施術も大切ですが、まずは、自分で
できる範囲でよいので、冷え症体質の改善に努めることも大切な心掛けです。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード