顎関節症とは

顎関節症とは、顎の周辺や関節、顎を支える筋肉などの 痛みや機能低下などの異常を総称した疾患のことを言います。

施術をしないで自然に完治する軽症程度の症状から、 激しい痛みを伴う重度の症状もあり、症状が慢性化する恐れのある疾患でもあります。

又、一度完治したと思っても、再発する可能性が高いのも
特徴の一つです。顎関節症は、子どもから成人まで発症
する恐れのある疾患ですが、20~30代の若い女性に
顕著に見られ、 発症する年代は、年々、低年齢化する傾向にあります。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は、はっきりしていませんが、
一般的に良く言われている原因として、次のものがあります。

精神的なストレス

精神的なストレスが知らずのうちに顎の筋肉に余計な緊張をつくり、
顎のバランスが崩れることにより生じます。
俗に言う我慢するときの「食いしばり」や、睡眠時の「歯ぎしり」もこの分類に入ります。

かみ合わせ(歯並び)の悪さ

かみ合わせや歯並びが悪いと、噛むたびに次第に顎がずれていきます。
又、歯周病や虫歯などにより、片側だけで噛み続けると、
顎の片側に負担がかかり、バランスを崩すこともあります。

癖や姿勢の悪さ

首を横にしてテレビを見ながら食事を摂ると、顎が次第にずれていくことがあります。
楽器の演奏などによる顎への過剰な負担にも注意が必要です。

外傷

交通事故、スポーツなどでの激突、ボールがぶつかるなどの打撲が原因による症状のことをいいます。

食生活が原因による顎の弱さ

小さい頃から柔らかい食べ物ばかりを食べることで、顎関節、
筋肉が弱くなっていることから生じます。


上記の5つの中で、最も多い原因と言われているのがストレスです。
実際に、顎関節症を患った患者さんの多くが、
ストレスがたまっていたという事実からも裏付けられることができます。

又、固い食べ物を食べなくなったことや、慢性化したカルシウム不足などの
食生活の変化も、顎関節症の主な原因の一つと考えられています。

顎関節症の代表的な症状

若い女性に増加中の顎関節症ですが、
その症状は放置しておいても自然に治る程度のものから、
日常生活に深刻な影響を与える重度なものまで、実に様々です。

顎関節症は、一度発症すると再発する可能性の高い疾病で、
例え軽度の症状であっても、慢性化する恐れがあるので、決して侮ることはできません。

顎関節症の主な症状は次の3つとなります。

顎の異音

口を開けたり閉じたりしたときに、「カクッ」「バキッ」「ミシッ」「ギシッ」などのような異音が生じます。
関節円板と呼ばれる顎関節がずれたことにより生じる症状です。
顎関節症の中で最も多い症状で、初期症状の時に良く現れる現象ですが、
痛みは感じないことが多いです。

顎の痛み

顎関節症の痛みには、顎関節そのものの痛みと、
その周辺の肉や関節に痛みを生じる2つのパターンがあります。
主に顎を動かしたときや口を動かすときに痛みを生じますが、
安静していても痛みを生じることもあります。

放置すると、『顎の痛み→顎関節の痛み→耳や首元の痛み→こめかみの痛み
→頭痛、肩こり』のように痛みが段階的に広がっていく傾向にあります。

口の開口障害

口を大きく開いたり閉じたりするのが困難になる症状を言います。
開口障害かどうかの目安として、人差し指、中指、薬指の3本を、
口の中にまとめて入れられるかどうかで調べることが出来ます。


顎関節症は、これらの3つの症状を複合的に発症することがあります。
また、痛みや不快感が徐々に広がる傾向にあり、先程紹介した
頭痛や肩こりだけでなく、耳鳴り、歯の痛み、目の疲れ、耳鳴り、難聴などを併発することもあります。

顎関節症と顎関節炎との違い

顎関節症と似たような名称の症状として、顎関節炎があります。
これらの症状の違いに、明確な基準はなさそうです。

顎関節炎は、症状が比較的軽い状態のと時に使われ、
顎関節症は症状がひどい場合や慢性的な症状にまで悪化した時に
良く使われる傾向にあります。

顎関節症の施術について

顎関節症の施術方法について、解説致します。
顎関節症の原因で説明したように、顎関節症の原因は様々です。

顎関節症を完治させるためには、何が原因で顎関節症を患ったかを
具体的に知る必要があります。
虫歯や歯並びが原因であれば、歯科医での施術が必要になります。
又、悪い姿勢や噛み方などの生活習慣が原因の場合には、
悪い生活習慣を治さない限りは、根本的な解決にはなりません。

医師と相談しつつも、ご自分の出来る範囲で顎関節症を克服する努力はやはり必要となります。
ここで、代表的な顎関節症の施術方法について紹介します。

スプリント療法

マウスピースを使って、歯のかみ合わせを調整する方法を言います。
かみ合わせや歯並びに問題がある場合に行われ、顎への負担を減らす効果もあります。

薬物療法

薬、鎮痛剤などの薬を使って、痛みの緩和を目的とした施術方法をいいます。
痛みを和らげる効果がありますが、根本的な施術にはなりません。

理学療法

患部を温めたり、電気の刺激などによる施術方法をい言います。
理学療法は運動療法と物理療法に分けられ、温熱施術、電気施術、マッサージ療法などがあります。

鍼施術

顎関節症は、鍼灸適応症の一つです。
鍼灸施術により、顎周辺の筋肉の凝りをほぐし、炎症を抑え、痛みを和らげることができます。

顎関節症の施術費

顎関節症は、鍼灸適応症の一つです。
鍼灸施術により、顎周辺の筋肉の凝りをほぐし、炎症を抑え、痛みを和らげることができます。

顎関節症の施術には、施術方法や施術院により大きく異なります。
また、保険が適用されない施術もあります。
顎関節症の1回の施術にかかる費用を、以下の表にまとめました。

顎関節症の1回当たりの施術費目安

施術内容 施術費
虫歯の施術、歯を削る、歯の高さを変える 1,000~2,000円
歯並びの矯正 80~110万円
マウスピース 6,000~10,000円
鍼灸 6,000~8,000円
温熱(ホットパック) 1,000円前後
鎮痛剤 1,000円前後
医科大学(口腔外科) 2,000~3,000円

顎関節症を施術できる病院・専門医

顎関節症を患ったみたいだけど、いざとなったらどの病院の何科に行ったらよいかわからない・・・。
始めに顎関節症を患った方は、このように悩まれたご経験がおありかと思います。

顎関節症の原因でも解説したように、顎関節症の原因は様々です。
よって、その原因に合わせた病院を選ぶことが大切になります。
原因がわからないという方も意外に多いのも事実です。

顎関節症の原因は、現代医学では特定出来ていません。
こういった背景があり、顎関節症の原因を個人で判断するのは難しいケースも思います。

一律的には言いきれないのですが、
顎関節症の初診としてどこを選ぶかについては、やはり歯科医が一番多いようです。
そして、歯科医で、「本当に顎関節症であるか」「何が原因なのか」
をある程度、特定できるようになります。

行きつけの歯科医院があれば、
最初に顎関節症であるかどうかを調べてみるのも良いかと思いますし、
本格的に専門医の施術を選びたいのであれば、
歯科大学の口腔外科(こうくうげか)をお勧めしています。

ストレスが原因による施術院・専門医について

地元の歯医者、歯科病院のどちら良いかについては、原因や症状の度合いによって違ってきます。

地元の歯科院に半年通ったけど、なかなか良くならないので、歯科大学の口腔外科で診察したら、原因が特定できて、みるみる回復できたという事例もあります。

又、歯の原因ではなく、ストレスや筋肉の凝りが原因である場合には、
歯科医ではなかなか治らないこともあるようです。
ストレスは、自律神経とも深い関わりがあります。

自律神経は全身を巡っていますので、
全身の血行の状態を改善させない限りは、根本的な施術にはなりません。
そのような場合には、鍼灸施術が適していると思います。
いずれにしても、最初は顎関節症かどうかを確認する意味でも、
歯科医、できたら歯科大学の口腔外科で受診された方が良いかと思います。

軽度の顎関節症であれば、数回の通院で治ることもあります。
ただ、歯科医にしばらく通って治らなければ、鍼灸施術を試してみるのも
良いかと思います。

当鍼灸院に通院される患者さんでは、歯科大学や歯科医に通ってもまったく
回復せず、顎関節症の症状が慢性化した場合に、鍼灸施術を選択される
パターンが多いようです。

顎関節症は再発しやすい疾患であることを、顎関節症の症状で説明しましたが、
再発防止、あるいは完治を目的として、鍼灸施術を継続して受けられる方もいます。

顎関節症と不定愁訴について

顎関節症は、顎の痛みや開口障害だけでなく、耳鳴り、腰痛、
肩こりなどの身体的異常から、イライラ、倦怠感などの心的不調まで、
不定愁訴と呼ばれる症状を併発することがあります。

又、免疫力の低下と顎関節の筋肉の凝りが解決されない限り、
顎関節症を再発することが多く、かつ、慢性化しやすい症状でもあるのです。
特に不定愁訴が慢性化した場合には、例えば歯科医での施術で、
根本的な解決を求めるのはやはり難しいのではないかと思います。

もちろん、歯並びや咬み合わせの悪さが原因となっている場合には、
歯科医による施術はやはり必要ですが、顎関節症の一番多い原因は、
顎関節症の原因でも述べたように、ストレスです。

ストレスが原因となって、「顎が痛くて、腰が痛くて、倦怠感がある」などのような
不定愁訴が現れた場合には、鍼施術により、
全身の血行を改善し、身体の免疫力を高めることが大事になります。

顎関節症が鍼灸適応症の一つとされている理由には、
こういった背景があるのです。

顎関節症は鍼灸適応症の一つ

当鍼灸院に、顎関節症の施術に来られた患者様は、「顎の痛みの施術」よりも、
「本当は耳鳴りの方を先に何とかしたかった」
「慢性化した腰痛を先に治したかった」
という隠れた声が多かったことには驚きました。

又、顎関節症を患った多くの患者様は、首回りや肩、特に耳や顎付近の筋肉が固くなっていて、凝りを生じていました。

仕事や家事、受験勉強などで多忙で、知らずのうちに
歯を噛み締めて作業をしている方が多く、その影響で
顎関節が硬くなり、顎関節がずれ、顎関節に炎症を生じていました。

このようなケースは、鍼灸施術で凝りをほぐし、炎症を和らげる必要があります。
この筋肉の凝りを解決しない限りは、顎関節症が治らないばかりか、
顎関節症を再発する可能性も高いのです。

これまで、顎関節症に悩む患者さんが鍼灸施術を受けられて
元気になった患者さまを数多くみてきました。
慢性的な顎関節症に悩まれている方がおりましたら、
一度は鍼灸施術をお試しされるのもよいかと思います。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード