不眠症の原因

厚生労働省の調査により、日本人の10人に一人が不眠症の状態であることがわかりました。

そして、さらに不眠症の予備群までカウントすると、まさに5人に
1人が何らかの睡眠障害を起こしているとさえ言われています。

ところで、近年どうして、これほどの睡眠障害を訴える人が増えたのでしょうか。
不眠症の原因は、主に次のものがあると言われています。

ストレス、不安

悩みやイライラにより、ストレスが過剰なレベルまで高まると、不眠症を引き起こすことがあります。ストレスは、交感神経を活発にし、リラックス神経と言われる副交感神経の働きを妨げてしまいます。

詳しくは → 自律神経失調症ガイド 『交感神経と副交感神経』

身体的要因による不調

喘息や熱、鼻炎やアレルギー、怪我などにより、生じる不眠症。
この場合は、何よりも先に病気を治すことが先決です。

環境的要因

騒音、照明、時差、真夏の暑さなどが原因となって生じる不眠症。

アルコール・薬・カフェイン

薬の副作用や、アルコールの飲み過ぎにより生じる不眠症。
過剰なカフェインの摂取によって生じる不眠症もこれに当たる。

心の病気

代表的な症状がうつ病。心の病を持つ多くの人が不眠症を訴えている。

不眠症の4つのタイプ

次に不眠症のタイプについて説明します。
不眠症は、大きく分類して次の4つのタイプがあります。

入眠障害 寝付きが悪い
布団に入ってから、寝付くまでに1時間以上かかってしまうのが特徴
中途覚醒 途中で眼が覚める
最も多くの人がかかっている睡眠障害。夜中に何度も目が覚めるのが特徴
早期覚醒 早く眼が覚める
望ましい時間よりも2~4時間早く目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなる症状
熟眠障害 熟眠度が足りない
睡眠時間は長いのに、眠った感じがしない症状

不眠症の状態によって、不眠症の克服の仕方も違ってきます。
自分が、どの不眠症のタイプなのかをしることが、不眠症を克服する第一歩です。

この4タイプの不眠症克服の方法は、次の不眠症対策法をご参照くださいね。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード