頭痛のお悩みQ&A

Q 今の忙しい環境下での緊張型頭痛の予防法を教えてください

Q デスクワークの仕事をしています。仕事のことや人間関係がいつも気になって、小さな子供の子育てにも悩んでいます。忙しい中、なかなか思うようにいかず焦るばかりです。このような緊張状態が続いてしまったためか、病院で検査したところ、緊張型頭痛と診断されました。

ストレスをためないようにとアドバイスされましたが、今の忙しい環境ではとてもストレスからは逃れられないです。そこで何かよい緊張型頭痛の予防法を教えていただければと思い、相談させていただきました。

緊張型頭痛の予防は、文字通り、緊張しない環境をつくれるかが鍵

緊張型頭痛の予防法は、この病名にもあるとおり「緊張」そのものが原因なので、できる限り、リラックスする必要があります。

実は、「忙しくてリラックスする時間はまったくとれない」という方も実際に多いのですが、私がこれまで診察している限り、ストレスを溜めやすい方の特徴として、必要以上に緊張しすぎているケースが多いのも事実です。

普通であれば、そこまで深く考える必要がないと思われるようなことでも、
それを心配に思い、日々、ストレスから抜け出せないという悪循環
に陥ります。

「取り越し苦労」「持ち越し苦労」という言葉があるように、
大多数の人がそこまで心配しないにも関わらず、過剰な心配を
してしまうケースがあります。

一例をあげると

■子供がまだ小学生にもならない年齢なのに、大学卒業後の就職の
心配をしている
■仕事において、申し訳ないからと人に一切頼まず、いつも一人で仕事を
抱え込んでアップアップしている
■ちょっとした些細なミスや、相手の細かい仕草まで気になってしまう
■10年以上前に放った相手の言葉を、現在ただ今のように傷ついて
いつまでも引きづっている

ということでストレスを感じている方もいます。

これらの事例を聞くと多くの方は、「え、本当にそんな人いるの!?」
と思われるでしょうが、100人いれば100通りの考えが
あります。

暗い面でなく、未来は明るいという光明的な考え方を持つ

あまりにも遠い過去や未来のことを現在ただ今のごとく
悩んだり、些細なことで過敏になりすぎるとやがて
体にも異常が生じるようになります。

この場合は、もう少し「未来は明るい」「自分もよく
頑張っている」 「人に相談し、任せよう」という
気持ちを持つだけでもずいぶん 楽になると思います。

身体の凝りは、頭部に発生しているとは限らない

緊張型頭痛の特徴で体のどこかに凝りが起きている
ことがよくあります。その場所は、必ずしも頭部ではありません。

例えばデスクワーク中心の人であれば、座りっぱなしのため、腰や肩に
凝りが起きています。この場合には、休みの日や仕事の終わりに
運動やストレッチをすることも大事ですが、仕事中にも細目に
休憩をとって気分転換をし、背筋を伸ばして筋肉の緊張を
解すことを行うだけでも凝りは緩和していきます。

緊張型頭痛の予防法は他にもさまざまありますが、今回はご質問
内容から、最適な方法をご提案させていただきました。

緊張型頭痛は血行が悪くなることで生じるので、
これまでに説明した予防法に加え、鍼灸で血行を改善し、免疫を高める
ことでストレスに強い体をつくる方法もあります。
一度お試しするとよいかもしれません。



トップへ戻る