坐骨神経痛のお悩み解決Q&A

Q. 坐骨神経痛ってどんな病気なんですか?

少し驚かれるかもしれませんが、
坐骨神経痛は医学的に正式な病名として扱われておりません。
腰痛が病名ではないのと同じように、坐骨神経痛はある種の症状のことを言います。

坐骨神経痛とは、お尻の筋肉が硬くなり坐骨神経を圧迫し腰が重く、
お尻や太もも、足先まで痺れやつっぱり感がある症状を言います。

腰痛と似た症状のように思われますが、腰痛と違うところは、
腰痛は、腰やお尻の付近にのみ、痛みが生じている症状に対し、
坐骨神経痛はお尻や太もも、足先まで痺れが生じている症状を言います。

坐骨神経痛の初期症状は、腰や足の痛みや痺れから始まりますが、
症状が悪化すると、激しい痛みを生じることがあります。

重度な坐骨神経痛になると、どんなに身体を楽にしていても激痛が走り、
痛み止めを飲んでも痛みが治まりません。

同時に歩行困難や睡眠障害を引き起こしてしまい、
日常生活に支障をきたすまで悪化することがあるので、決して油断できない症状です。

又、坐骨神経痛は、レントゲンで検査しても、骨や関節に異常が見られず、
原因が特定できないことが多いです。

つまり、原因が分かるものから原因不明のものまで含めて、
腰から足先まで痛みや痺れがある症状の俗称を、坐骨神経痛と呼んでいます。

坐骨神経痛は腰椎や骨盤のズレによって生じることが主な原因です。

腰椎や骨盤のズレは、レントゲンで発見できることもありますが、
あまりにも小さなずれの場合には、レントゲンでは発見が困難です。

始めは、レントゲンによる検査をするのがよ良いでしょうが、
原因がわからず、痛みが長く続くようでしたら、鍼灸施術をお試しになるのもよ良いです。

但し、内臓疾患や腫瘍、癌などの重大な疾患が原因で、
坐骨神経痛を発症しているケースもあります。
この場合は、早急に専門医による診断を受ける必要があります。

それと、坐骨神経痛は高齢の方に発症するものと思われがちですが、
若年層にも発症するケースが現代では増えています。

食生活や生活環境の変化も原因の一つですが、
これくらいの痛みなら・・・といって、安易な考えをもつのも危険な面があります。

坐骨神経痛は、早めに施術を行うことで、治りも早くなりますが、
施術のタイミングが遅れるほど、治りも遅くなります。
症状がまだ初期段階時における施術を、お勧めしています。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード