産後ケアのお悩みQ&A

Q. 産後ケアには鍼施術が良いとお聞きしましたがなぜですか?又、どのような施術を行うのですか?

産後は、「頭痛、めまい、貧血、動悸、腰痛など」の一般的な症状から、
「生理不順、冷えなど」の婦人科疾患、
「倦怠感、イライラ、ウツなど」の精神的な面まで、様々な身体の不調を引き起こします。

又、「頭痛と冷え」、「めまいと高血圧」、「肩こりと下痢とウツ症状」などのように、
2つ以上の身体の不調を同時に併発することも多く、
どの病院でどの施術を受けたらよいか悩んでいる方も多いと聞きます。

このような症状は、頭痛薬を飲んだり、血圧を抑制する施しをしても、
一時的な解決にしかならず、再発の可能性も高いです。
問題のなかった身体の別の部位で新たな異常が生じることもあります。


このような産後の不調の根本の原因を探ると、体力の低下、
すなわち「免疫力の低下」にあります。
免疫力が低下することにより、身体のいたるところに様々な異常が生じるようになるのです。

東洋医学(鍼灸施術)は、免疫力を向上させ、
病気にならない身体をつくることに、真の目的があります。
近年の西洋医学では、免疫力の低下と血流には深い関係があるということがわかってきました。

ただ東洋医学では、太古より「気」や「血の流れ」が身体の
健康体と密接な繋がりがあることを研究されております。
その東洋医学における代表的な施術方法が鍼灸施術になります。

鍼灸施術は、西洋医学の一律的な施術方法と違い、
オーダーメイド、つまり個人の体質に合わせた施術を行います。
鍼灸施術は、身体全体の気の流れの悪い部分を発見し、
全身を施術するようなイメージに近いと言えます。


少し、専門的な解説になりましたが、簡単に言えば、
西洋医学が「悪いところを切る」「薬物療法」を得意とすることに対し、
東洋医学は「身体を内部から施術する」「病気を未然に防ぐ」 ことを得意としています。

鍼灸施術を受けられると、日々からだが軽くなり、
いつの間にか病気を気にしない身体に変化していることに気づかれる患者様も多いです。

ぜひ、慢性的な身体の不調にお悩みの方は、
一度は鍼灸施術をお試しになられてもよいかと思います。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード