産後ケアお悩みQ&A

Q. 産後1年経ちます。ずっと元気がなく、何事にもやる気がまったくおきないです。

ご質問の内容のみでは、症状が具体的でないので詳しくは述べられませんが、
ひょっとしたら、産後ウツにかかっているのかもしれません。

産後の身体の不調の一つに不定愁訴という症状があります。

不定愁訴とは

「何となくからだがだるい」
「気分がずっとすぐれない」
「腰は重いし、頭が痛い」

などのように、一体身体のどこが悪いのか、わからない定まることのない身体の不調を言います。
この不定愁訴の状態を放置しておくと、精神的な面においても異常をきたすようになり、
やがてうつ病に悪化することがあります。

このような状態を「産後うつ」と呼んでいます。

産後ウツの症状は、通常のうつ病とほとんど変わりません。
そして産後ウツにも、軽症ウツの段階から、重度なうつ病の分類に入る症状まで様々です。

うつ病の施術方法は、抗うつ剤が中心ですが、母乳で育児をする女性にとって、
抗うつ薬を服用することは、本来ならばお勧めしたくない施術方法であると思うのです。

また、産後の不定愁訴やウツ症状を引き起こす原因の一つとしてホルモンの乱れ、
つまり、自律神経系の乱れがあると言われています。

鍼灸施術は、本来自律神経系を整える施術法です。
妊娠・出産で疲れた身体の血流を促進する施術を行います。

そして、病気になりにくい身体をつくり、
本来の生きるエネルギーに溢れる身体を取り戻すことを目的としています。

自律神経を正常にし、身体が生きるエネルギー(東洋医学では
『気』ともいう)にいっぱいになれば、心も回復するようになります。

施術で自律神経が整ってくると、
今までの辛い症状が次第に軽くなっていくのを実感される患者様も多いです。

産後、慢性的な不定愁訴(軽症ウツ)の症状に悩まれている患者様がおりましたら、
一度、鍼灸施術で身体と心が楽になる体験をされても良いかと思います。

なお、日常生活に支障をきたすほどの重度なうつ病を患っている場合は、
専門医(精神科)による診断を早めにお受けください。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら