産後ケアのお悩みQ&A

Q. 産後、骨盤がずれるというお話を聞きました。骨盤がずれたまま放置するとどうなるのですか?

まず始めに、骨盤のずれは、どの時点から生じるかというと、産後ではありません。
妊娠中からすでに、お腹の中の赤ちゃんの成長とホルモンの変化により、
骨盤が徐々にゆるみ始めていきます。

さらに分娩時には恥骨結合が大きくゆるみます。

そして産後直後の骨盤は、赤ちゃんが通るために、
最大限ずれた状態になり、骨盤底筋もダメージを受け、伸びてしまいます。

骨盤のズレは、赤ちゃんを産んだ直後はゆるゆる状態なので、
骨盤を正常な位置に戻すのに比較的容易な時期でもあります。

そのため本来なら、産後直後から骨盤矯正を行い、
骨盤を正常な位置に戻した方がよいのですが、
産後には身体に大きなダメージが残っており、産後早々に骨盤矯正を行うことは出来ません。

通常は、出産後の1ヶ月検診が終了し、かつ婦人科の先生の許可を頂いてから、
骨盤矯正を行う方が良いかと思います。

又、骨盤のずれにより生じる身体の不調は様々です。


腰痛、頭痛、肥満、生理不順などは良く知られていますが、
尿もれ、頻尿、直腸瘤、膀胱炎など、女性特有の疾患を生じることもあります。

これらは、「女性骨盤底疾患」とも呼ばれています。


骨盤がずれることにより、本来痩せ体質であったにも関わらず、
太りやすい体質(骨格)に変化することもあります。

仮に、産後ダイエットで体重が元通りに戻ったとしても、
骨格のズレにより、体型まで元に戻らないことがしばしば起きています。

その他、長い期間の骨盤のズレにより、ホルモンバランスや自律神経に異常をきたし、
免疫力が産前と比べ低下する可能性があります。
その影響から、様々な体調不良を起こしやすい体質に変わってしまう危険性すらあります。

このように、骨盤のズレを放置することは、健康にとってマイナス面に働くことばかりです。
このような背景があるため、産後ケアをしっかり行うことをお勧めしております。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード